Loading

PHOTO-BLOG

トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

パタゴニアが日本人のために作った雨具「クラウドリッジ・ジャケット」

パタゴニア社から新作の雨具「クラウドリッジ・ジャケット」が発売されたので早速購入して、山で使用しています。

このジャケットは日本人が主導で開発した、日本の多湿な環境で快適に過ごすことをコンセプトに、日本人に向けに開発されたジャケットです。
雨具、フリース、ダウン、ベースレイヤーなどの多くでパタゴニア製を愛用しています。その愛用している理由は、着ていているときの「心地よく」「堅牢」であるためだと思います。

新しく買ったレインウェア(雨具)の「クラウドリッジ・ジャケット」は、素晴らしく着心地が良く、軽量で非常に気に入っています。


▲クラウド・リッジ・ジャケット
新しく買った「クラウドリッジ・ジャケット」では、裏地の肌触りが大きく改善されています。
着心地良くなった、そのゴアテックスのような裏地のおかげで、結露による水滴も付着しづらくなったようです。

パタゴニアや南米最高峰アコンカグの高原などで早速使用しているわけですが、厳しい風雨に見舞われても快適に過ごせています。その分、山歩きを楽しめています
パタゴニアオンラインショップはこちらへ

これからいよいよ梅雨を迎え、初夏の蒸し暑い山で、このジャケットとパンツは威力を発揮するでしょう。

南米アンデスやパタゴニアの天気や気温の差が大きな地域でも、やはりこのようなジャケットは重宝するでしょう。
特にパタゴニアでは、一時間前に晴天であったのに急変して、激しく暴風雨に叩きつけられることもあるからです。

日本人が開発から参画して、日本人のために作られた「クラウドリッジ・ジャケット」は非常にお勧めです。
パタゴニア

クラウドリッジ・ジャケット&パンツ(パタゴニア)

H2Noパフォーマンス・スタンダードを採用し、防水性/透湿性を備え湿ったべたつくコンディションで快適な肌触りを提供し、コンパクトに収納可能。リサイクル可能なポリエステルのメンブレンとリサイクル・ポリエステルの表面と裏打ちを備え、テイジンのエコサークル・プログラムを通じてリサイクル可能

レディース:クラウド・リッジ・ジャケット&パンツ(パタゴニア)


●レディース:クラウド・リッジ・パンツ(パタゴニア)

パタゴニア

メンズ:クラウド・リッジ・ジャケット&パンツ(パタゴニア)


●メンズ:クラウド・リッジ・パンツ(パタゴニア)

パタゴニア

コンパクトで堅牢なパタゴニアの名ジャケット「トレントシェル・ジャケット」


▲トレントシェル・ジャケット
このジャケットの前に使っていた「トレントシェルジャケット」では、雨具とは雨を凌ぐことを最優先に使用していました。少しでもコンパクト・軽量なジャケットを欲しかったからです。そして、料金面ではパタゴニアの雨具として買いやすい料金設定です。

裏地はそのまま防水透湿性の素材ですが、その分だけ軽量で、屈強そのものです。まさに実力本位で、軽量・頑丈な雨具なのです。
着脱の際にはその素材の点で若干の引っかかるような感がありますが、やはり堅牢で乱暴な扱いにも耐えてくれて、ずいぶん長い間、国内・海外の山で活躍してくれた相棒のような雨具です。

トレントシェル・ジャケット&パンツ(パタゴニア)

すっきりとシンプルで、コンパクトに収納できるH2Noパフォーマンス・スタンダード採用のハードシェル・ジャケット。防水性/透湿性を備え、環境への責任を前進させるリサイクル・ナイロン100%素材を使用し悪天候に対応

レディース:トレントシェル・ジャケット&パンツ(パタゴニア)


●レディース:トレントシェル・パンツ(パタゴニア)

パタゴニアオンラインショップはこちらへ

メンズ:トレントシェル・ジャケット&パンツ(パタゴニア)


●メンズ:トレントシェル・パンツ(パタゴニア)

パタゴニアオンラインショップはこちらへ

関連ページ

フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代... パタゴニア・フィッツロイ山麓のエルチャルテン村の空港建設計画 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にある小さな村・チャルテンは、建設されてまだ約30年ほどのとても若い村です。 かつては、チリ国境の安全保障の問題から建設された村ですが、いまではフィッツロイ山群に訪れる多くのトレッカーの基点とな...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
【動画】パタゴニア・パイネ国立公園 縦走トレッキング... パイネ国立公園の名ルート「Wトレック」 アルゼンチンとチリの両国にまたがる“風の大地 パタゴニア”地方で、アルゼンチン側ではフィッツロイ山麓。チリ側ではパイネ国立公園が最も展望の優れた名所です。このパイネ国立公園の小屋泊の縦走トレッキングの名ルート“Wトレッキング”を写真と動画を織り交ぜてビデ...
パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む... パタゴニアで見るべき景色をいくつか挙げるとしたら、名峰フィッツロイの朝日が一番となるだろうか ペリトモレノ氷河の大氷壁や大草原パンパ、そしてパタゴニア独特の雲「レンズ雲」も見るべき景色だが、フィッツロイ峰の朝日は次元が違う美しさだからだ パタゴニアの名峰フィッツロイとは パタゴ...
フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...
パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...

メキシコの主食:トルティーヤとは -中南米グルメ「ラテンの台所」

イギリス基地ポート・ロックロイの郵便ポスト

パタゴニア

関連記事

  1. マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

    2016.02.18
  2. インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く

    2017.12.15
  3. パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色

    2015.05.07
  4. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  5. テント泊トレッキングの装備②:ダウン・ジャケット

    2014.02.19
  6. 6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

    2013.03.05
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP