Loading

PHOTO-BLOG

イギリス基地ポート・ロックロイの郵便ポスト


イギリスの基地・ポートロックロイは、静かな湾に守られるようで周囲の海は凪いでいる。
1944年にイギリスの最初の基地として建てられ、南極半島における捕鯨船の前線基地の役目を果たした。

現在では基地は観光スポットとして有名となり、お土産屋がある。
ここにはポストがあり、約1ドルほどでハガキを送ることができる。

お土産屋の横には、当時の基地の様子を残した博物館も併設されている。
気象観測をしていた基地の職員の生活は忠実に残されていて、今にも当時の人の声が聞こえてきそうな気さえしてくるだろう。

基地の建物の周りは、ペンギンのルッカリー(集団営巣地)だ。
基地に暮らす人よりもはるかに多いペンギンに、基地の島は半ば占拠されていた。

鈍色の空と黒い海はどこまでも寂しげで、最果てらしい寒さの中で、ポートロックロイはかつての人の生活を静かに偲ばせていた。



関連ページ

ルメール海峡を抜けて:氷塊の楽園に遊ぶアザラシ... ルメール海峡を抜けて、この船旅の最も南、南極側に到着した。 このポート・シャルコーが折り返し地点だ。 ポートシャルコーの湾には、青い氷がぎっしりと浮かんでいた。 曇天の鈍い空の下で、氷はなぜこれほど青いのだろうか。 空の青を溜め込んだように、今は青い光を外に放っているかのようだ。 ...
壮大な氷河の円形劇場 -ネコハーバーにて-... ネコハーバーに上陸 -探検船で行く南極クルーズ- 氷河にぐるりと囲まれた「ネコハーバー」は、壮大な氷河のアンフィシアター(円形劇場)だ。 快晴のネコハーバーは日差しが強く、氷河や雪面が激しく乱反射している。 まるで世界がハレーションしているようだ。 気温は10度以上あるだろうか。 ...
南極・ネコハーバーの展望の丘と、ペンギンの営み... ネコハーバーの大展望の丘 -探検船で行く南極クルーズ- 南極のネコハーバーでは、圧倒的な氷河の大展望を堪能できるだけではなく、ペンギンの大営巣地(ルッカリー)も訪問できる。 陸地に覆いかぶさるかのように、まるで生き物のように、氷河は山から海へ、のたうちながら流れ込む。 そのわずかに露出...
南極半島の朝焼け:ジェルラッシュ海峡にて -南極クルーズ... ジェルラッシュ海峡にて-探検船で行く南極クルーズ- 南極クルーズのモーニングコールは、チーフ・ガイドによる船内放送だ。 朝6時に、船内放送で、船はいよいよ南極大陸に到着して、ジェルラッシュ海峡を通過していることを告げられた。 慌てて飛び起きて部屋のカーテンを開けると、朝焼けに橙色に染ま...
南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ... クールビル島にて -探検船で行く南極クルーズ- 氷河から崩れ落ちた氷塊は、南極の海のあちこちに浮いている。 クールビル島の海岸は静かな内湾に面しているので、氷塊が大量に流れ込み、内湾にぎっしり漂っていた。 このような場所は、アザラシにとって格好の休憩場所となるのだろう。 陽が最も高い...
デセプション島のナンキョクオットセイ/南極サウスシェットランド諸島... サウス・シェットランド諸島にて -探検船で行く南極クルーズ- サウスシェットランド諸島のデセプション島は、かつて南極大陸への前線基地として栄えた島だ。 そのリング状の特殊な島の形が、南極大陸からの氷山も流れて来ない天然の良港であったからだ。 内湾に繋がる唯一の水路の幅はわずか240mほどで...

南米トレッキングに最適なレインウェア:パタゴニア「クラウドリッジ・ジャケット」

レンソイス砂漠を歩く「3つのプラン」:ブラジル旅行

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」リニューアル

    2017.04.30
  2. 南極・ニューマイヤー海峡の漆黒の海と静けさ

    2017.04.11
  3. ルメール海峡を抜けて:氷塊の楽園に遊ぶアザラシ

    2017.04.22
  4. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  5. デセプション島のナンキョクオットセイ/南極サウスシェットランド諸島

    2017.03.10
  6. 効率的な南極旅行:飛行機と船で行く「フライ&クルーズ」

    2018.10.18
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP