Loading

PHOTO-BLOG

氷河に覆われた静寂の湾:パラダイスハーバー


アルミランテ・ブラウン基地から、パラダイス・ハーバーに入り込むと、雰囲気ががらりと硬質に変わった。

周囲をぐるりと氷河に囲まれて、水面は鏡のように凪いでいる。
ゾディアックボートは静かに湾の奥へと進むと、一段と空気が冷えてきたようだ。

厚い雲に覆われた外気は冷たく、海水の表面の温度はぐんぐん下がっているのだろう。

海水の凍結は、とても微細に始まる。
真水と異なり融点が-1.8度の海水は、微細な蓮状で約2mm程度の円盤状の氷(晶氷)として凍り始める。

水面を漂うチリのような氷の破片は、静かに波に揺られながら時に衝突を繰り返し、徐々に大きくなっていく。

海氷と呼ばれる海水が凍った氷と、氷河から流れ落ちた氷は、そもそもの生成から異なるのだ。
南極の海を漂う氷には、大きく異なる2種類の氷がある。

ゾディアックボートのエンジンを切り、ボートの一同で写真撮影も止めてみる。
そうして耳を澄ませて静寂を楽しむ。
息を止めるような時間を、2・3分も過ごしただろうか。
誰とはなく沈黙に耐えかねて、各々で写真を撮り会話を始める。

ゾディアックボートのエンジンを動かし、前方の氷河へ向かう。

深く青い氷河は今にも崩れ落ちてきそうな立体的な迫力で迫る。まるで巨大な氷の壁に立ち向かっているようだ。

想像以上に氷河の規模は大きく、幅は3~4キロ、高さは400~500mあるだろうか。
鋭い岩峰の間からあふれ出すように、氷河は海面に一気に流れ込む。

四方を囲む氷河の迫力に圧倒されながら、ゾディアックボートはさらに氷河の近くへと進む


パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>

ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望

関連記事

  1. 狂おしい“地球の鼓動”④:ペンギンの国「南極大陸」

    2019.10.08
  2. ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-

    2017.02.28
  3. 青い氷の回廊とアザラシのイビキ/南極クルーズ・クーバービル島にて

    2017.03.19
  4. 南極・ニューマイヤー海峡の漆黒の海と静けさ

    2017.04.11
  5. 南極大陸の氷上キャンプ:ペンギンとともに眠る極上体験

    2017.04.03
  6. 南極・ネコハーバーの展望の丘と、ペンギンの営み

    2017.04.01
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP