Loading

PHOTO-BLOG

南極・ニューマイヤー海峡の漆黒の海と静けさ


ニューマイヤー海峡に入ると、船の揺れは収まり、海は次第に穏やかになって行った。

まるで湖のように海が静まると、曇天の空を反映してか、海は不気味に漆黒ともいえる黒さをたたえてきた。
午前中の晴れ間では海はどこまでも深く青かったのだが、ニューマイヤー海峡の曇天の下では一変して深く黒い。

穏やかな海といえでも、船にはけっこう風が吹き付ける。とても冷たい風で何枚着こんでいても、体に染みて来るような寒さだ。

狭い海峡に入り始めると、氷塊がたくさん見えてきた。
船首から見ると、まるで前方は氷塊で塞がれているようだ。

案の定、艦内に放送があり、前方は氷塊に阻まれて進むことができないので、別のルートで行くと伝えられた。
目指すポート・ロックロイは、ニューマイヤー海峡を通過しなければ、大回りすることになり、予定は大きく変わることになるだろう。

一度Uターンした船はしばらくすると、再びUターンしてニューマイヤー海峡に向かい始めた。
やはり通過できるようだ、という少し心配な放送の後、船はニューマイヤー海峡に再び入り込む。
実際に海峡に入り、いくつかの大きな氷山を回り込みながらも、順調に進むことができた。

予定より2時間ほど遅れていたが、ポートロックロイが近づいてきた。
ポートロックロイはイギリス軍基地があり、ここには郵便ポストがあることでも有名だ。

==連載・探検船で行く 南極クルーズ==




関連ページ

写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品... 国際写真コンテスト「International Photographer of the year 2017」にて、弊社・松井の2作品が入選しました。 パタゴニアでは、フィッツロイ峰と星の軌跡、南極では圧倒的な迫力の氷河をテーマにしています。 ●パタゴニア:Star Trail in Pa...
効率的な南極旅行:飛行機と船で行く「フライ&クルーズ」... 最短日程で行く南極 世界最後の秘境として人気の「南極大陸」は、一般的には南米最南端の町から12~14日間で往復します。日本発着では最短でも2週間以上を必要とすることから、やはり世界で最も遠い旅行先です。 近年、この南極へ「飛行機」と「船」で往復する6日間のプランが人気です。日本発着でも1...
秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸... 秘境ネイチャー・クルーズの魅力 アンディーナトラベルで手配する秘境クルーズは、乗客30~100人の中型船ネイチャー・クルーズです。ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極のクルーズを手配しています。乗客が少ないことから機動力があるので、1日をたっぷり現地の自然体験を満喫します。 ガラパ...

SNSでの情報発信:各アカウントの紹介

メキシコの主食:トルティーヤとは -中南米グルメ「ラテンの台所」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  2. 南極・ネコハーバーの展望の丘と、ペンギンの営み

    2017.04.01
  3. 南極サウス・シェットランド諸島:ジェンツーペンギンの楽園②

    2017.03.04
  4. ドレーク海峡を越えて、南極へ -探検船で行く南極クルーズ-

    2017.02.28
  5. ジェンツーペンギンの雛鳥の生死/南極・クーバービル島

    2017.03.16
  6. 氷河に覆われた静寂の湾:パラダイスハーバー

    2017.04.28
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP