Loading

風景写真家・松井章のブログ

壮大な氷河の円形劇場 -ネコハーバーにて-

ネコハーバーに上陸 -探検船で行く南極クルーズ-

氷河にぐるりと囲まれた「ネコハーバー」は、壮大な氷河のアンフィシアター(円形劇場)だ。
快晴のネコハーバーは日差しが強く、氷河や雪面が激しく乱反射している。
まるで世界がハレーションしているようだ。

気温は10度以上あるだろうか。
高さ50m~60m前後の氷河の末端部は、ときおり轟音とともに崩れていた。

クルーズ船からゾディアックボートに乗り換えるときは、ネコハーバーは氷河そのものに見えて、どこに上陸するのか分からないほどであった。
あまりにも巨大な氷河の中で、自身のサイズ感や遠近感がずれてしまったのだろう。

ボートで5分も移動すると、上陸ポイントが見えてきた。
背景となる氷河と比べれば、まるで薄皮一枚の陸地であるが、近づけば上陸ポイントの浜はかなり大きいと分かってきた。
岩場にはお馴染みになりつつある「ジェンツーペンギン」が大量に営巣していた。

どこまでも青い空の下、晴天の海はどこまでも凪いでいる。
海面は鏡のようになり、氷河を反射していた。

ネコハーバーを取り囲む氷河の源流は、巨大な氷原だ。
地図を見れば、南極半島で地面が露出するのは、山と浜だけだと分かるだろう。

日本の何倍もある巨大な氷原から、数千・数万の氷河が流れ出し海に流れ込んでいる。

青い氷の回廊とアザラシのイビキ/南極クルーズ・クーバービル島にて

会報誌「ポコ・ア・ポコ 4月号」目次 -4/6発行

関連記事

  1. 青い氷の回廊とアザラシのイビキ/南極クルーズ・クーバービル島にて

    2017.03.19
  2. 「南極大陸」氷の国に躍動する生命①:ジェンツーペンギン

    2020.06.12
  3. 写真展の展示写真「北極の氷河」

    2022.12.22
  4. ルメール海峡を抜けて:氷塊の楽園に遊ぶアザラシ

    2017.04.22
  5. サウス・シェットランド諸島のジェンツーペンギン -南極クルーズ

    2017.03.03
  6. 南極の野生動物:ジェンツーペンギンの生息数とオキアミ

    2021.07.07
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP