Loading

PHOTO-BLOG

「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」

アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。

来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。

パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。

南極性の気象に支配されるパタゴニアと南極には、一つの生命圏とも呼べる連関があり、その歴史は約2億年前のパンゲア大陸の時代に遡ります。

日本からは地球の反対側に当たる“南の果て”の写真をまとめたカレンダーです。

トラベルクラブ:専用ページ

アンディーナトラベル・クラブでは、カレンダーのプレゼントの他に、会員限定ツアーをご案内しています。
ご興味のある方はぜひご連絡ください。
トラベルクラブ・トップページ

関連ページ

パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄... 亜南極の樹木「南極ブナ」 南部パタゴニアでは、森の木の大半が「南極ブナ」だ。 南極還流の影響を大きく受ける南部パタゴニアの気候は苛烈で、全てが偏西風に支配されている。 人の暮らしはもとより、森の生態もまた風の影響下に長く進化を続けてきた。 その厳しい環境に見事に適応したのが「南極...
パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ... チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。 紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。 ...
パタゴニア:チャルテン村の建設記念日... 10月12日は、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓、チャルテン村の建設30周年記念日です。 1910年頃から、フィッツロイ山麓の開拓は、主にフィッツロイ牧場とラ・キンタ牧場により行われていましたが、現在のチャルテン村付近は30年前まで無人の土地でした。 チャルテン村の建設までは、アルゼンチ...
静けさに包まれる、秋のフィッツロイ山麓と紅葉②... 秋のフィッツロイ山麓は、とても静かだ。 風の音だけを聞きながら、フィッツロイを望めたなら、この上ない幸せだ。 紅葉の主役である南極ブナは、環境に応じて姿を変える。 ハイマツのように背の低いのもあれば、森を形成する大木もある。 ...
会報誌「ポコ・ア・ポコ 増刊号」目次 -11/26発行... 季刊で発行している「アンディーナトラベル・クラブ」の会報誌『ポコ・ア・ポコ 』の「増刊号(第4号)」(11月26日発行予定)の目次は、こちらとなります。 「増刊号:第4号」では、コラムを中心にしています。 【目次】 ① 12/10開催「ネイチャーフォト・スライドショー ?南米アンデスの...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...

雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明

パタゴニア

関連記事

  1. クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

    2015.10.29
  2. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  3. パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進

    2016.02.16
  4. イギリス基地ポート・ロックロイの郵便ポスト

    2017.04.14
  5. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  6. メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

    2015.10.06
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP