Loading

PHOTO-BLOG

雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

ボリビア・雨季のウユニ塩湖

12月下旬から「雨季・ウユニ塩湖」のシーズンが始まります。

鏡張りのウユニ塩湖を展望するには、連泊が鍵となるでしょう。

雨雲が多いので、天候待ちをできる余裕を持つために、2日間は終日でウユニ塩湖に入れる時間を欲しいところです。

そして鏡張りになるためには、水面が波打たないほどに無風に近い状態も必要です。

雨季は塩湖の中央部は水没するので、塩湖の縁の一部を訪れるのみですので、雨季のウユニ塩湖では基本は車を止めてのんびりと天気待ちをしながら過ごします。

ウユニ塩湖の畔に建つ「塩のホテル」に宿泊すると、すぐそこにウユニ塩湖があるので、絶景に出会える可能性も非常に高いです。夜明けや星空も宿の周辺で望めるからです。


他方、4月から始まる乾季のシーズンは、地平線まで広がる塩湖を縦横断できるので、乾季・雨季それぞれにウユニ塩湖は全く違う景色が広がります。

関連ページ

ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合... ボリビア・雨季のウユニ塩湖、「塩のホテル」は、12月中旬~3月まで大変混み合っています。 特に年末年始は最も混む時期ですが、12/30~1/3まで、わずか数部屋(Hotel Palacio del Sal)ですが空室があります。年末年始で「塩のホテル」が確保できるのも、そろそろラスト・チャンス...
乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④... ウユニ塩湖で望む星空は格別だ 360度の周囲に凹凸さえもない、本当に何もない場所で、満天の星を独り占めできるとしたら、 それはなんという贅沢な経験だろうか。 月出の時間は深夜なので、夕食後に早速、星空撮影を開始する。 降るような星、とはまさにこのことだろう。 防寒具を着込み、時々キ...
アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...

写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.07.02
  2. コンドルの姿をする、レアル山群の名峰コンドリリ

    2013.12.28
  3. 「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

    2018.05.26
  4. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
  5. 【ボリビア】「太陽の島」を歩き、丘の上のロッジに泊まる

    2013.12.26
  6. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP