Loading

PHOTO-BLOG

まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

DSCN0502.JPG
雨季(12~3月)のウユニ塩湖は、大盛況で「塩のホテル」がすでに非常に混み合っております。
一刻も早い予約が必要な状況です。
ウユニ塩湖の魅力は、雨季だけではありません。「乾季・ウユニ塩湖」も、ものすごい魅力的です。
冠水していな真っ白な大平原となるので、ウユニ塩湖を横断できるのが魅力です。
世界でもめずらしいサボテンの島を訪問し高台からウユニ塩湖を望んだり、ウユニ塩湖奥地にある乾季のみ行ける、ウユニ塩湖北岸にあるタフア村の「塩のホテル」に宿泊したり、一生忘れられない風景をお楽しみいただけます。
お勧めは、2泊3日でウユニ塩湖を周遊です。
9・10月に出発を考えている方、かなり「塩のホテル」は混んでいるでしょうが、まだ間に合います。
一番心配なのは、国際線です。北米から南米への路線が、9・10月は大変混んでおります。
間際の予約・手配にも、弊社は対応いたしますので、「乾季・ウユニ塩湖」もお勧めします。DSCN0258.JPG
DSCN0456.JPG
サボテンの島“インカワシ島”
DSCN0334.JPG
ウユニ塩湖の畔のリャマ
DSCN0309.JPG
乾季の時にだけ見れる、トィヌパ山

関連ページ

ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ... アマゾンといえば、ブラジルのイメージがありますが、ペルーやボリビアにも、アマゾンはあります。 アンデス山脈から一気に標高が下がり、アマゾンへと変わります。たとえば、ラパスからアマゾンに向う飛行機に乗ると、いかに急激に地形が変わるかが分かります。標高約4000mのラパス空港から、たった40分ほど...
キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力... ウユニ塩湖の魅力は、地平線まで広がる“大平原”だろう。 できれば、誰もいない場所で、地平線までの広がりをたっぷり感じたいものだ。 ウユニ塩湖の「キャンピング・カー」は、そんな夢を叶えてくれる。 通りがかりのツーリストも現れないウユニ塩湖の奥で、高級な施設とサービスで、気が済むまでウユニ塩湖...
アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ... 峠を越えるたびに、谷を過ぎるたびに、景色は変わっていく。 家畜であるリャマの姿は徐々に減り、野生のビクーニャをよく目にするようになる。 大きな景色の中では、ついつい小さな変化の連なりを見落としてしまいそうだ 長い移動時間では、ガイドと運転手とのコミュニケーションは重要だ。 大変な悪路...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...

“天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

「ギアナ高地・エンジェルフォール展望ツアー」最短で7日間で行けます。

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

    2017.04.08
  2. 雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

    2017.10.06
  3. 【ボリビア】アアゾン川源流域のピンクイルカ <ビデオ>

    2013.06.13
  4. 【ウユニ塩湖】「塩のホテル」の残室状況(2/18&2/19)

    2012.10.30
  5. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

    2013.04.10
  6. 【動画】アマゾン・ヤクマ自然保護区のジャングルロッジ

    2015.01.03
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP