Loading

PHOTO-BLOG

乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

DSCN0502.JPG
乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。
その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。
日本では雨季のウユニ塩湖に人気がありますが、欧米では乾季の方に人気があります。
乾季「塩のホテル」は、雨季ほど混んではいませんが、早めの予約が必要です。
この時期、ウユニ塩湖の北岸と東岸の2つの「塩のホテル」に泊まり、丸2日間、ずっとウユニ塩湖にいるようなプランがお勧めです。
DSCN0419.JPG
DSCN0334.JPG
ウユニ塩湖のリャマの肉は、塩味が効き美味です。
DSCN0580.JPG
塩のホテル
DSCN0571.JPG

関連ページ

アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ... 南米大陸の秘境・アタカマ高地へ 南米大陸で最も人口の希薄なエリアといえば、パタゴニアとアタカマ高地、そしてアマゾンではないだろうか。 アタカマ高地とはあまり知られていない地名だが、アンデス高原というと少し分かりやすい。北端はボリビア・ウユニ塩湖で、南端は国境を越えてチリ北部のサンペドロ周...
ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景... 乾季・ウユニ塩湖の魅力 乾季のウユニ塩湖は、塩の大平原がどこまでも続く。 欧米人には乾季のウユニ塩湖の方が人気があるのは、どこまでも車で疾走できるからだろう。 乾季らしい晴天の下、塩の平原は眩しいほどに輝いている。 2時間ほどかけて塩湖を横断すると、遠くに島影が見えてくる。 蜃...
乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)... 塩の大平原:乾季のウユニ塩湖 乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。 真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。 まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全...

パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで

ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー

関連記事

  1. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  2. 乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)

    2015.11.29
  3. 塩のホテルに泊まる

    2012.04.22
  4. ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.06.30
  5. “天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

    2012.08.01
  6. ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

    2015.06.29
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP