Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー

4.jpg
カラファテは、アルゼンチン・パタゴニアにおける観光の要衝として発展を続けています。
ペリトモレノ氷河の観光やハイキングを始め、フィッツロイ山麓のチャルテン村への基点ともなります。
アウトドア・スポーツのツアーも増える中で、メジャーなツアーとして認知されてきているのが、「ウプサラ氷河」のカヤック・ツアーです。
安定性の高いシーカヤックを利用して、ウプサラ氷河から氷山が流れて来る水道を約2時間ほどツーリングするカヤック体験で、初心者でも参加可能です。
※全くのアウトドア・スポーツ未経験の方では参加不可の場合があるので、まず弊社にご相談ください。
かつて開拓者が苦難の上で渡った氷河の湖を、カヤックで追体験できる。
素敵な時代です。
●弊社URL:https://www.andina-travel.com/patagonia.html
10.jpg
7.jpg
5.JPG
アルゼンチン湖
6.jpg

関連ページ

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘... ウプサラ氷河の展望台へ、尾根筋に出ると強烈な風が西から吹いてくる。 風に倒されないように体を傾けながら前方を望むと、ウプサラ氷河が見えてきた。 ここから10キロも西に行けば、広大な大陸氷床が南北に広がるのだ。 たった80年前、この展望台の下の谷は、厚い氷河に埋め尽くされるように覆われて...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...
パタゴニア・ウプサラ氷河の後退と氷河谷... 南部パタゴニアのロス・グラシアレス国立公園のウプサラ氷河は、この国立公園では2番目に面積の大きい765㎢の氷河です。 無数に流れ落ちる氷河の源に当たる広大な大陸氷床の中で、氷河がどこから始まるかの線引きには少し難しさを感じます。実際に氷床を歩いている時に、気付いたら地理上はビエドマ氷河の上を歩...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場① 漂流する氷の造形美... ウプサラ氷河を目指し、アルゼンチン湖の北西端“ノルテ水道”を北上する。 湖の両幅が狭くなるころから、多くの氷塊が現れる。 氷塊の美しい青に魅入ってしまう。 氷塊の元は、ウプサラ氷河だ。 この100年ほどで加速度的に後退していることで有名だ。 映画「不都合な真実」では、温暖化の象徴として...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在... 静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。 最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。 テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。 賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテ...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて... ノルテ水道を北上すると、ピラミダルな山容のノルテ峰が見えてくる。 ノルテ峰の山麓の氷河谷が「クリスティーナ牧場」だ。 牧場の敷地は広大で、ウプサラ氷河を望める唯一の展望台もまた、クリスティーナ牧場の敷地にある。 静かな湾の奥に進むと氷塊の数は減り、ノルテ峰の懐に抱かれるようにクリスティーナ...

乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

コスタリカ西海岸:グアナカステの美しい日没

関連記事

  1. パタゴニア旅行の締めくくりは、ブエノスアイレスで

    2014.07.07
  2. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
  3. パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」

    2015.09.14
  4. パイネ国立公園:グアナコと食物連鎖の果て-パタゴニア

    2016.05.14
  5. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  6. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP