Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

パタゴニアのチャルテン村オフィスから手配

パタゴニアの名峰フィッツロイ峰を見て、涙を流す人を見たことがあります。
そのくらい人の心を打つような山は、世界にいったいどれほどあるでしょうか。

このフィッツロイ峰を展望するために、弊社は地元の手配会社とともに、日本人ツーリストのための手配に力を入れています。
弊社の手配は、アルゼンチン・パタゴニアにて、フィッツロイ山麓のエルチャルテン村から手配しています。

地元密着だからできる、こだわりの手配と安全体制

フィッツロイ山麓をトレッキングで歩く体力のある方には、プライベートキャンプ利用のテント泊トレッキング、キャンプまでは望まないけれど歩きたい方にはハイキング、そして歩く体力のない方には車を利用して、それぞれの方法で、最も良いフィッツロイ展望のポイントへお連れします。

フィッツロイ山麓のチャルテン村を基点に手配をするので、現地でのサポートも充実しています。トレッキング中も、ガイドと事務所は常時無線でつながっています。
カラファテでのペリトモレノ氷河観光や、アサードを食べる牧場(エスタンシア)の宿泊体験も、地元密着の弊社にお任せください。

全サービスは英語ですので、片言でもコミュニケーションを取れる英語力は必要となります。
といっても、ドライバーやガイド、事務所のスタッフは日本人への応対に慣れています。弊社のお客様であれば、現地側はなおさら「おもてなし」というホスピタリティのあるサービスとなるでしょう。

アンディーナトラベルの添乗員同行ツアー

もし日本語でのガイドをご希望の方は、弊社の「アンディーナトラベル・クラブ」にご入会ください。会員限定にて、日本発着で添乗員同行ツアーを企画しています。

関連ページ

関連動画

《エクスペディション》パタゴニア南部氷原トレッキング

《牧場ホテル》クリスティーナ牧場

関連ページ

パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制... 11月から始まるパタゴニアのトレッキング・シーズン。 2014/2015シーズンは、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山群、チャルテン村を基点にご案内いたします。 弊社は、個人でも安心してトレッキングを楽しむために、トレッキング専門の現地パートナー会社とともに、お客様を現地サポートします...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...
パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)... 原生林のコンドル・ロッジ宿泊 パタゴニアの名峰フィッツロイ山麓エル・チャルテン村から車で約40分ほど、南極ブナの原生林にあるコンドル・ロッジは、パタゴニアの原始の自然を堪能するには最適な場所です。 わずか10人ほどが宿泊できるコンドル・ロッジの周囲には、半径5キロほどは無人です。美しいコ...
パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る... 世界3番目の氷塊:パタゴニア南部氷原 パタゴニア南部氷原は、世界で3番目に大きな氷の塊だ。 南極やグリーンランドに次ぐ大きさと言われると、とてつもない巨大な氷の塊であることが分かるだろう。 幅30キロ、長さ300キロほどの細長い谷が、深さ1500mほども氷で埋め尽くされている。その巨大...
パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態... 南米の4種類のラクダとは 「南米のラクダ」といえば、リャマやアルパカをイメージされるが、南米には4種類のラクダが生息している。 アンデス山脈の高原(アルティプラーノ)に生息するのが、リャマ・アルパカ・ビクーニャの3種類で、それぞれ生息する標高を住み分けている。最も高所に順応しているビクー...
パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ... チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。 紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。 ...

【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

南米の写真をインテリアとして空間演出:アートパネル

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【アルゼンチン・パタゴニア】クリスティーナ牧場で、急速に後退するウプサラ氷河を望…

    2012.09.14
  2. パタゴニアで最も愛される木の実:カラファテ

    2015.08.20
  3. パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制

    2014.05.02
  4. アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

    2016.12.19
  5. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  6. パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”

    2015.08.24
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP