Loading

PHOTO-BLOG

秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

1.jpg
2.jpg
パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く
その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく
そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう
未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く
まだまだ積極的に歩ける季節だ
厳しい冬を前に、チャルテン村の人々も冬支度を初めている
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞... 海外の写真コンテスト「The EPSON International Pano Awards 2017」で、代表・松井の写真が『Special Awards』に入賞しました。 この写真は、パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓で撮影した夕焼けです。暴風の吹き荒れるパタゴニアに訪れた奇跡のような一...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日... 夏のパタゴニアは白夜なので夜明けと夕方はとても長いです。 その分、空の色の変化もたっぷり1時間以上かけて徐々に変化していきます。 赤道直下の熱帯アマゾンのように一瞬で燃えるように昇華する夕日とは異なりますが、目を離すことのできないほどに美しく静かに長い夕日は高緯度ならではの斜光線なの...
劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン... チャルテンの北へ約30キロ、デシエルト湖へ移動すると、気候は湿度を増し森の様相も変わります。チャルテン周辺では、サルオガセが着生していますが、この周辺の木には、分厚い絨毯のようなコケが着生しています。大西洋からの湿度が流れ込みやすい地形で、気候はチリ・パタゴニア的と言えるでしょう。 デシエルト...

秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)

フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの夏に咲く花「イエローオーキッド」

    2015.08.28
  2. フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

    2015.04.25
  3. パタゴニアの花・ワイルドフラワー②:春の花・アネモネ

    2018.07.16
  4. パタゴニアの名峰・フィッツロイを展望する3つの方法(チャルテン村)

    2017.05.20
  5. パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

    2018.04.29
  6. パタゴニア・フィッツロイ峰の荘厳なモルゲンロート

    2014.04.09
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP