Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア

1.jpg
フィッツロイを取り巻く雲が一度山頂に張り付けば、なかなか剥がれないものだ。
そんな時には、ほんの一瞬でも山頂が顔を出したなら運が良いだろう。
たとえチャルテンで晴れていても、フィッツロイやセロトーレの山頂の天候とは異なるので、一瞬を待ってじっくりと望める時間が欲しいものだ
2.jpg

関連ページ

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水... フィッツロイ山麓から流れる川の水は、そのまま飲めるほどに清冽です。 セロ・トーレの湖から直接流れてくる川の水は、氷河から溶け込んだ細かいミネラルで濁っています。成分に問題はないのでしょうが、やはり透明な水が良いものです。 氷河から融けて南極ブナの森の土を通過する事で、水が濾過される事から違い...
パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...
雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて... 満点の星空 朝、テントから顔を出すと、早朝のまっくらなフィッツロイの様子を見ていると雪が降り始めました。シンシンと降る雪は1cmくらい積もったのではと思います。 雪が止み、雲はぐんぐんと晴れて行き、天気予報通りの晴れに急転。日が差し始めると、驚くほどの速さで雪は消えてしまいました。 このよ...
マルコーニ峠を目指して、氷河を登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 広大なマルコーニ谷を抜けて、もうすぐマルコーニ峠だ。 見上げる空がどんどん大きくなる 左右の山も目線の高さか眼下に見下ろすようになり、パタゴニア大陸氷床に近づいていることを空の広さが教えてくれる パタゴニアでは異例の快晴・無風のなか、マル...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
パタゴニア・フィッツロイ峰の歴史:先住民テウェルチェ族... フィッツロイは、「煙を吐く山」チャルテンと呼ばれていた パタゴニアを代表する名峰フィッツロイは、別名「チャルテン」と呼ばれます。 かつてパタゴニアの大草原を闊歩したテウェルチェ族は、この山を「煙を吐く山=チャルテン」と呼んでいたからです。 山名に人の名前を付けていた時代は終わり、古...

秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

パタゴニア

関連記事

  1. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
  2. シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ

    2018.08.07
  3. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
  4. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘

    2014.01.17
  5. 2011パタゴニア旅行 ⑤ヘルシンガー牧場(その一)

    2012.02.05
  6. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP