Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのワイルドフラワー:荒れ地に咲く深紅の花「ノトロ」

深紅の花・ノトロ(ヤマガモシ科)

氷河が後退して最初に生えてくる植物の一つが、ノトロです。

南極ブナさえも生育できない荒れた土地で育つ強い植物で、パタゴニアの暴風が吹き荒れる裸地に見つけることができるでしょう。

裸地から始まり森林へと形成していく過程で、植生が変化していくことを「植生の遷移」といいます。
ノトロは、その植物の遷移の中で、一番最初に現れる植物なのです。

荒れ地に強いノトロは、南アフリカのプロテアと同じ種

氷河が後退したばかりの岩盤が剥き出しの土地や山火事で燃え尽きた土地に、最初に現れる植物の一つとして、その土地の状況を知るうえで、ノトロは非常に分かりやすい印となります。

ノトロは、春から夏にかけて真紅の花を咲かせます。
ヤマガモシ科のノトロは南アフリカのプロテアと種を同じくし、その起源は古代のゴンドワナ超大陸の時代に遡ります。

パタゴニアの春を象徴する花として、ノトロは欠かすことのできない花なのだ。
*Notro (Ciruelillo): Embothrium coccineum

関連ページ

パタゴニアのプロテア:真紅の花「ノトロ」... 氷河が後退して最初に生えてくる植物の一つが、ノトロだ。 南極ブナさえも生育できない荒れた土地で育つ、とても強い植物なのだ。 ノトロは、春から夏にかけて、真紅の花を咲かせる。 ヤマガモシ科のノトロは、南アフリカのプロテアと同じ種類だ。 起源は、古代のゴンドワナ超大陸の時代に遡り、プロテ...
ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ... アヤメ科のカンパニージャは、「鈴」を意味する。 鈴を意味する花はいくつかあるが、フウリンソウやホタルブクロとは異なる花だ。 パタゴニアの草原帯に生える春の花で、長い茎を一気に高く伸ばし花を咲かせる。 草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 見ようとしなければ見つからないような静かな花、...
クッションような灌木が花で覆われる:マタ... その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。 スペイン語で“灌木”という意味だ。 ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。 マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。 マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
パタゴニアの春を彩る花:“聖母マリアの小さな靴”... 春から夏にかけて、森の外れの陽当たりの良い場所や、草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 キンチャクソウの一種「サパティート・デ・ラ・ビルヘン」は、パタゴニアでは誰もが知る花だろう。直訳すると、“聖母マリアの小さな靴”という意味だ。 群落を形成するわけではなく、ひっそりと咲いているので、見...
森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ... 南極ブナが風に倒されると、森にぽっかりと隙間が生まれる。 そんな隙間の陽当たりの良い場所に、アネモネを見つけることがある。 トレッキングで休憩するような場所に咲いているのだ。 木陰にザックを置き、花の観察をしながら一息つく。 フィッツロイ山麓では、セロトーレ方面の森の外れでよく見かける。...

紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング

アラスカの大展望のカリブー・ロッジで、オーロラ観測

関連記事

  1. パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

    2018.07.20
  2. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
  3. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  4. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
  5. パタゴニア:チャルテン村の建設記念日

    2015.10.13
  6. パタゴニア開拓史:氷河の思わぬ前進に翻弄される①

    2014.03.10
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP