Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

1.jpg
その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。
背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。
パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。
茎に鋭い針があり、秋には甘酸っぱい実が成ることも同じだが、葉の形が違うのだ。
葉身が楕円形である「カラファテ」は、湿った地面を好むので、南極ブナの森の周辺に生えることが多い。
地元では、“Palo Amarillo”と呼ばれる。“黄色い木”という意味だ。
*Calafate(Palo Amarillo) / Berberis Microphylla
●パタゴニア:カラファテの実: http://calafate.seesaa.net/article/424487458.html
2.jpg
AKI_4564_3.jpg

関連ページ

春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花... 11月中旬、中部パタゴニアの町・コジャイケは、サクランボの花に包まれる。 早春の風はまだとても冷たい。春の訪れを知らせるような花だ。 サクラに似た可憐な花を見ていると、はるか地球の裏側から日本を思い出すに違いない。 そんな郷愁を感じさせる花でもあるのだ。 サクランボの木は、南部パタゴニア...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河、約4年に一度の前進... アルゼンチン・パタゴニアのペリトモレノ氷河では、約4年に一度、氷河が前進して陸に接する時があります。 温暖化で氷河が後退する時代のなか、不思議とペリトモレノ氷河では前進・後退を繰り返し、この100年ではほとんど同じ状態を保っています。 氷河が前進して陸に接する時、モレノ氷河が流れ込む...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
クッションような灌木が花で覆われる:マタ... その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。 スペイン語で“灌木”という意味だ。 ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。 マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。 マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける...
ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ... アヤメ科のカンパニージャは、「鈴」を意味する。 鈴を意味する花はいくつかあるが、フウリンソウやホタルブクロとは異なる花だ。 パタゴニアの草原帯に生える春の花で、長い茎を一気に高く伸ばし花を咲かせる。 草原の灌木の陰に、ひっそりと咲いている。 見ようとしなければ見つからないような静かな花、...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」... パタゴニアで愛される植物:メギ科の「カラファテ」 パタゴニアの「カラファテ」は、春と秋を象徴するメギ科の植物です。 パタゴニアだけに自生することから、パタゴニアを象徴するシンボルとして愛されています。 春は黄色い花が草原を埋め尽くし、秋はブルーベリーのような実を実らせます。 この小灌...

早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

関連記事

  1. 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】「南米ナイト」&「パタゴニア・トレ…

    2015.11.09
  2. 南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

    2017.12.23
  3. パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント

    2016.09.10
  4. 山上の秘密の湖を目指す:ヘルシンガー牧場④

    2015.10.15
  5. パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ

    2015.09.12
  6. パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」

    2014.12.11
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP