Loading

PHOTO-BLOG

春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

1.jpg
もう一種類のカラファテは、葉の形が線形であるのが特徴だ。
乾燥した土壌や岩石質を好むので、パタゴニアの平原に広く見られる。より過酷な、パタゴニアらしい環境に適応している。
綺麗な花や熟した実を眼にして、思わず手を伸ばしてしまうが、鋭いトゲを持っていることには注意したい。
広い大平原に、黄色い花が咲き乱れる。
パタゴニアの早春の景色だ。
*Calafate Enano (Zarcilla): Berberis empetrifolia

5.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg

関連ページ

パタゴニアの花:マメ科の薬草「パラメーラ」-ワイルドフラワー編... マメ科の「パラメーラ」は、パタゴニアであれば、どこでも目にする植物だ。 春には黄色い花を付ける。 葉は他の多くのマメ科と同じく羽状複葉であるのだが、パラメーラは少し独特だ。 多肉質で、葉の先端から粘液を出している。 その粘液により、葉に触ると皮膚に絡みつくようで手はベトベトになる。強い臭...
パタゴニアの夏に咲く花「イエローオーキッド」... フィッツロイ山麓の森を歩いている時に、ランの一種イエローオーキッドを見かけた。 鮮やかな黄色で、派手に何輪もの花を付けているので、とても目立つ。 パタゴニアの夏に咲く花だが、そう何度も見かけたことはないので、見つけたなら運が良い方だろう。 この時期、パタゴニアの昼間は最も長くなる。 夜1...
パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」... パタゴニアで愛される植物:メギ科の「カラファテ」 パタゴニアの「カラファテ」は、春と秋を象徴するメギ科の植物です。 パタゴニアだけに自生することから、パタゴニアを象徴するシンボルとして愛されています。 春は黄色い花が草原を埋め尽くし、秋はブルーベリーのような実を実らせます。 この小灌...
パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③... パタゴニアの南極ブナ:常緑のコイウエ コイウエの木は、常緑樹だ。 そのため、葉には少し厚みがあり硬く、光沢がある。 “レンガ”や“ニレ”ほどには目立たない木だ。 育つには多くの水と光を必要とするために、南極ブナの“レンガ”の森の中で、コイウエは湿った土地を好む。 樹齢は最も古くて500...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...

パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

ビタミン豊富なツツジ科 チャウラ(ムルタ)の実:パタゴニアの植物

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  2. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

    2015.10.31
  3. パタゴニアの草原に宿泊-クリスティーナ牧場(エスタンシア)

    2017.09.28
  4. パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊

    2016.04.17
  5. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  6. フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア

    2015.06.17
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP