Loading

PHOTO-BLOG

ビタミン豊富なツツジ科 チャウラ(ムルタ)の実:パタゴニアの植物

1.jpg
パタゴニアを歩くと、足元のブッシュに、赤い実を見かける。
よく目にする赤い実は、二種類だろうか。どちらも強風に順応した背の低い灌木だ。
一つは、パチンコ玉ほどの大きさで、チャウラ(または、ムルタ)と呼ばれる。カラファテの実と同じくらいに、パタゴニアで親しまれる木の実だ。年に2回の収穫ができるので、夏から秋にかけて、この実を見つけるのは簡単だ。
このチャウラは、食べることができる。
食感はリンゴに似ていて、甘酸っぱい。とてもビタミンが豊富らしい。
山を歩いていると、ついついつまみ食いしながら歩いてしまう。
枝に棘が無いので、取りやすいのだ。
ツツジ科シラタマノキ属のチャウラは、白い小さな鐘のような花をつける。同じツツジ科のツガザクラの花に、とても似ていて美しい。
この花の写真をまだ撮れていないので、いつか写真に収めたいものだ。
*Chaura (Murta) / Gaultheria mucronata
2.jpg
3.jpg

関連ページ

パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密... 「インディオのパン」キッタリア パタゴニアの森を歩いていると、多くの木のコブを見るだろう。 この木のコブは、「インディオのパン」と呼ばれるキノコ“キッタリア”が原因だ。 南極ブナの枝や幹だけに寄生する。 キノコに寄生された枝や幹は、樹液の循環を阻害されることになる。 樹液の循環を取り戻...
パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③... パタゴニアの南極ブナ:常緑のコイウエ コイウエの木は、常緑樹だ。 そのため、葉には少し厚みがあり硬く、光沢がある。 “レンガ”や“ニレ”ほどには目立たない木だ。 育つには多くの水と光を必要とするために、南極ブナの“レンガ”の森の中で、コイウエは湿った土地を好む。 樹齢は最も古くて500...
パタゴニアのキノコ①:春の森の名物・キッタリア... 「インディオのパン」と呼ばれる“キッタリア”は、綺麗な球体をしているキノコだ。 「ジャオジャオ」とも呼ばれている。 先住民にとっては貴重な食糧の一つであった。 特に、ビーグル水道近辺のフエゴ島に住んでいたヤーガン族は、このキノコを主食の一つとしていた。 カヌーで狩猟採集するヤーガン族は、...
パタゴニアの南極ブナの森を覆うサルオガセ「お爺さんのアゴヒゲ」... 南極ブナの森で、木々を覆っているコケは「サルオガセ」だ。 湿度の多い森ほどに、サルオガセの勢いは旺盛となる。 パタゴニアでは、Barbas de Viejo(バルバス・デ・ビエホ)と呼ばれる。“お爺さんのアゴヒゲ”という意味だ。 サルオガセは木を覆っているが、木から養分を吸ってはいない...
春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②... もう一種類のカラファテは、葉の形が線形であるのが特徴だ。 乾燥した土壌や岩石質を好むので、パタゴニアの平原に広く見られる。より過酷な、パタゴニアらしい環境に適応している。 綺麗な花や熟した実を眼にして、思わず手を伸ばしてしまうが、鋭いトゲを持っていることには注意したい。 広い大平原に、黄色...
パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ... パタゴニアのキノコ 11月中旬の春、南極ブナの森に「アミガサダケ」を見つけた。 トレイル沿いの陽当たりの良い場所にたくさん生えていたので、とても目立つ。 地元のガイドは喜々としていくつか収穫して、キャンプでの夕食の具材の一つに使った。 特に美味しいというわけではないが、その土地の物を食べ...

春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物

関連記事

  1. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  2. パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③

    2015.09.21
  3. 湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

    2016.08.29
  4. クッションような灌木が花で覆われる:マタ

    2015.08.22
  5. 《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

    2012.07.20
  6. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP