Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・ウプサラ氷河クルーズ&クリスティーナ牧場

アルゼンチン・パタゴニアの基点:カラファテ

パタゴニアの大きな青い空、氷河、雄大な岩峰といったパタゴニアのシンボルを望むために、アルゼンチン・パタゴニアの基点カラファテは理想的な立地です。
カラファテは、アンデス山脈の東側に位置することから、偏西風の湿った空気はアンデス山脈で落ち、気持ち良い青空の広がるステップ気候です。

名峰フィッツロイを目指すのであれば、陸路約3時間でチャルテン村を目指し、ペリトモレノ氷河へ行くのなら陸路約2時間で西のアンデス山中へと入ります。
そして、カラファテ周辺でもう一つの名所と言えば、ウプサラ氷河を望む「クリスティーナ牧場」です。

クリスティーナ牧場は、その敷地が広大で、アンデス山脈や氷河をも含みます。映画「不都合な真実」で有名となったウプサラ氷河を望むには、クリスティーナ牧場から高台の展望台へ行く必要があります。

ウプサラ氷河を目指す氷河クルーズ

クリスティーナ牧場へはカラファテからクルーズ船で約2時間かけてアクセスします。
このクリスティーナ牧場へ向かうクルーズ船での移動は、氷河クルーズも兼ねています。エメラルド色の巨大なアルゼンチン湖を出港してしばらくすると、青く輝く氷塊や氷山がいくつも漂うのを目にするでしょう。

クルーズ船は徐々に速度をゆるめて、氷塊の間を縫うように前進します。西側はアンデス山脈の氷河を抱く峰々がずらりと並びます。この氷塊が漂う細いフィヨルド「ノルテ水道」を北上します。
無数の氷河には有名・無名も含めて、約20もの氷河をノルテ水道から望めます。前方には鋭鋒ノルテが見えてきます。この鋭い峰の山麓が、目指すクリスティーナ牧場です。

ノルテ水道の北で、フィヨルドは3つに分岐します。水道の北の奥には、ウプサラ氷河をかすかに望めます。しかし、水道はびっしりと氷塊に埋め尽くされているので、クルーズ船は進めません。西の水道の奥には、スペガツィーニ氷河も見えます。東の水道を進み、クリスティーナ湾で上陸します。

氷河やアンデス山脈を所有する「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場はかつてパタゴニア開拓時代に、探検家の基地としても利用された牧場です。近年の羊毛価格の低迷により、今は「観光牧場」として開放されています。
このクリスティーナ牧場の専売となっているウプサラ氷河展望台は、クリスティーナ牧場のハイライトでしょう

急速に後退する「ウプサラ氷河」の真実

ウプサラ氷河は、源流部から約60キロも伸びる細長い氷河です。この氷河の源流部は、巨大な氷の塊「パタゴニア南部氷原」です。その面積は、山梨県と長野県を合わせたほどの規模です。この氷原からは200以上もの氷河流れ出します。その氷河の一つが、ウプサラ氷河であり、ペリトモレノ氷河なのです
わずか百年の間に約40キロ近くも氷河が後退したことから、地球温暖化の象徴として有名です。わずか100年前は、その分厚い氷河は、クリスティーナ牧場の裏山の谷も覆い、周囲を圧倒するほどの迫力でした。氷河に覆われていた谷は、あまりにも氷河が急速に消失したので植物もまだ生えないほどです。

ウプサラ氷河を望む展望台に登ると、そこには小さな小屋があります。約100年前に氷河探検で築かれた小屋ですが、今では周囲に氷河全くないので、なぜそこに小屋があるのか不思議に思えるでしょう。この小屋には当時と現在のウプサラ氷河の比較写真が置かれています。
氷河が一気に消失してしまったことに驚愕することでしょう

豪華ホテル「クリスティーナ牧場」

クリスティーナ牧場は、アルゼンチンで有名な豪華ホテルでもあります。部屋数わずか6部屋で、広大な自然にたっぷりと浸かります。食事やオプショナルツアーは全てオール・インクルーシブで、2・3日過ごせるアルゼンチンの憧れのホテルなのです。
あるいは、このクリスティーナ牧場には、日帰りツアーで訪れることもできます。

下記は、ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場をテーマにした「1泊2日」、「日帰り」の2つのモデルプランです。

モデルプラン①:ウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場1泊2日

1日目:午前、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、午後は、乗馬やハイキングなど。食事は、昼食と夕食を含みます。
2日目:午前、ウプサラ氷河展望台からのハイキング、乗馬など。午後、クルーズ船と陸路にてカラファテに戻ります。食事は、朝食と昼食を含みます。

モデルプラン②:日帰りウプサラ氷河クルーズとクリスティーナ牧場

早朝、陸路とクルーズ船にて、クリスティーナ牧場へ。無数の氷河やウプサラ氷河を望む氷河クルーズです。クリスティーナ牧場着後、アルゼンチン伝統料理の昼食。
午後は、ウプサラ氷河展望台へ、4WDで目指します。希望者は、「化石の谷」をハイキングで徒歩で下山できます。(中級者向け・約14キロ歩行)
カラファテ発着約13時間の長い終日ツアーとなります。

関連ページ:クリスティーナ牧場&ウプサラ氷河

関連ページ

パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ... パタゴニアの歴史を一変させたイネ科の草・コイロンは、太陽の光線が斜光の時には、大草原に金色にシルエットが浮かび上がり、ちょっとした演出をしてくれます。 まるで草原全体が金色の絨毯のようになるのです。 フィッツロイ山麓に広がる草原を縦断する40号線を走っていると、コイロンを食む無数のグアナ...
シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ... パタゴニアのフィッツロイ山麓が晴天に恵まれたある日、山を歩いていると、そのあまりにも清冽な景色に心を奪われる。森、草原、小川のせせらぎ、氷河を抱く山々、全てが完璧に調和して、静かに我々を包み込むように優しい。世界の全てが宝石のように輝いている あまりにも清浄で静謐なフィッツロイ山麓は、まる...
アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量... ダートバッグ:天才の稀有な記録 『ダートバッグ』とは、隠語で「人間のクズ」などを意味する誇らしいとは言えない呼称です。それは、何かに熱中して浮世離れした人を指す「称賛」と受け取ることもできるでしょう。社会一般の人々からの憧れや妬みがそこに含まれているからです。 社会的な常識に興味を示さず...
アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行... 憧れのアンデス大縦断道「ルート40」 アルゼンチンの人々にとって、「ルート40」という名詞は特別な意味を持つ。アメリカでいえば“ルート66”のような存在だろう。「ルート40」は冒険への憧れの対象として、アルゼンチン人であれば誰もがいつか辿ってみたい道なのだ。 「ルート40」は、アルゼンチ...
パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態... 南米の4種類のラクダとは 「南米のラクダ」といえば、リャマやアルパカをイメージされるが、南米には4種類のラクダが生息している。 アンデス山脈の高原(アルティプラーノ)に生息するのが、リャマ・アルパカ・ビクーニャの3種類で、それぞれ生息する標高を住み分けている。最も高所に順応しているビクー...

本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  2. 《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け

    2018.09.27
  3. ウプサラ氷河の氷塊が漂う湖を漕ぐ:カヤック・ツアー

    2014.07.17
  4. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  5. レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

    2015.10.21
  6. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP