Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアのキノコ①:春の森の名物・キッタリア

1.jpg
「インディオのパン」と呼ばれる“キッタリア”は、綺麗な球体をしているキノコだ。
「ジャオジャオ」とも呼ばれている。
先住民にとっては貴重な食糧の一つであった。
特に、ビーグル水道近辺のフエゴ島に住んでいたヤーガン族は、このキノコを主食の一つとしていた。
カヌーで狩猟採集するヤーガン族は、パタゴニアの中でも最も厳しい土地に住み、食糧は常に不足していたのだ。
そのことから、「インディオのパン」、”Pan de Indio”と呼ばれるようになった。
*Pan de Indio (Llao llao): Cyttaria darwinii, Cyttaria hariotti
2.jpg
3.jpg

パタゴニアの花「サクラソウ」:ワイルドフラワー編

パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

    2016.05.28
  2. 「南米のパリ」ブエノスアイレス/哀愁と情熱・タンゴのリズム

    2016.12.23
  3. 暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

    2015.10.12
  4. パタゴニア開拓時代に移植されたサーモン・トラウトの歴史②

    2014.12.24
  5. パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水

    2014.03.29
  6. パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

    2015.08.11
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP