Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

1.jpg

パタゴニアの渓流に生きるカモ

パイネ国立公園のトーレスデルパイネ山麓、チレーノ小屋付近では、ときおり渓流にカモを見つける。
地元では、Pato de torrentesと呼ばれる。直訳すれば“荒瀬の水鳥”という意味だが、正確な名前は、Merganetta armata“ヤマガモ”だ。
その名の通り、この鳥は森の渓流に生きる。
泳ぐのが非常に得意な鳥で、複雑な急流の流れを自由自在に移動するのだ。
小魚などを潜水して捕まえる。潜水や渓流での早い移動に順応して、大きな足は体の後ろに付き、推進力を得やすいようになっている。
オスは白黒の模様が目立つが、メスは茶色で目立たない色だ。
*Pato de torrentes: Merganetta armata
2.jpg

南極ブナの森に生きるパタゴニアの野鳥「マゼラン・キツツキ」

パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア南部氷床:氷河昆虫

    2013.12.18
  2. パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

    2015.09.15
  3. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  4. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  5. 姿形を変えて厳しい気候に適応する南極ブナ:秋のパタゴニア

    2014.04.02
  6. 写真集「パタゴニア-暴風と氷河が織り成す奇跡の絶景」

    2019.06.07
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP