Loading

風景写真家・松井章のブログ

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

1.jpg
「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。
数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。
チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。
コンドル湖からさらに北へ40分ほど行けば、チリとの国境・デシエルト湖に着きます。わずか30年ほど前までは、ほとんど人跡未踏で国境線も曖昧な地域でした。
この深い森では、時々ピューマも目撃されています。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

関連記事

  1. セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

    2015.04.22
  2. フォトギャラリー「パタゴニア南部氷原」:極地の風景写真

    2020.05.14
  3. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  4. マテ茶の飲み方

    2010.03.15
  5. パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け

    2016.04.09
  6. 氷河の歴史を辿り“トレス湖”へ/パタゴニア・フィッツロイ峰の絶景ポイント

    2020.02.21
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP