Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

1.jpg
「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。
数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。
チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。
コンドル湖からさらに北へ40分ほど行けば、チリとの国境・デシエルト湖に着きます。わずか30年ほど前までは、ほとんど人跡未踏で国境線も曖昧な地域でした。
この深い森では、時々ピューマも目撃されています。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ... 行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。 音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。 夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。 風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...
姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア... パタゴニアに自生する南極ブナは、その環境に合わせて姿を変える。 標高が高く風通しの良い場所では、ハイマツのように地を這い低く小さく育つ。紅葉で色づくのも、まずは背の低い南極ブナからだ。 生息環境に適した場所では、南極ブナは森を形成して20メートルほどの高さに成長する。強烈な嵐の日も、この...
パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色... 台風のような嵐の翌日、雨雲は飛び去り、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)では珍しい“晴天”が訪れた 風の音が消え去り、聞こえる音は雪を踏みしめる足音だけの静寂で、耳鳴りが気になるほどだった。 東西は屏風のように屹立するアンデス山脈に挟まれて、氷原は南北に果てしなく続く 「直観とは魂でものを見る...
秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの大草原『パンパ』:秘境サンマルティン湖のコンドル牧場へ

    2018.03.20
  2. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  3. 【パタゴニア】強烈な風と、不思議な雲

    2013.09.07
  4. パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント

    2016.09.06
  5. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  6. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP