Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

1.jpg
チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。
ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。
この宿に宿泊することで、近郊のトレッキングへのアクセスを良くしたり、宿泊者のみが歩けるコースで「日帰りハイキング」を追加したりできます。
午後のおやつの時間には、スタッフが“ピカーダ”を用意してくれます。アルゼンチンでは、ピカーダは「おつまみ」です。サラミ、生ハム、チーズ、ボンディオーラを、木の盆にたっぷりと乗せてくれます。
ワインを飲みながら、窓辺で外を見ながら、午後ゆっくりと休憩するのも優雅です。
ロッジから森を5分ほど歩くと、草原からフィッツロイ北面を展望できます。
5.jpg
4.jpg
3.jpg
2.jpg

関連ページ

マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...
天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く 雪の白か空の青だけの世界だ 遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。 大陸氷床...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風... 紅葉のパタゴニア パタゴニアの秋は、南極ブナが赤く染まる美しい季節です。 日本の紅葉と異なるのは、その背後に常に暴風を感じることでしょう。 秋のしっとりした趣を楽しむの日本の風景とは異なり、山から吹き下ろす暴風は常に冷たく、空を見上げれば雲が絶えず流されています。空から響くゴォゴォとい...
フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ... チャルテンの南側の山(1,570m)の頂からは、東に大西洋まで続く乾燥したステップ草原を見渡せます。北を望めば、セロトーレやフィッツロイを始めとした岩と氷の世界、降雨量も北に行くほどに増えてチリへ至ります。 山麓は、広大な南極ブナの森に覆われています。標高400mのチャルテンはまだ紅葉していま...

セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

関連記事

  1. 2011パタゴニア旅行 ④レオナ牧場(エステーラ牧場)

    2012.01.29
  2. ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥

    2014.10.01
  3. フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ

    2014.04.06
  4. 2011パタゴニア旅行 ③カラファテ

    2012.01.22
  5. パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ

    2014.03.27
  6. パタゴニアをもっと深く旅するために

    2013.01.25
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP