Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

1.jpg
チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。
ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。
この宿に宿泊することで、近郊のトレッキングへのアクセスを良くしたり、宿泊者のみが歩けるコースで「日帰りハイキング」を追加したりできます。
午後のおやつの時間には、スタッフが“ピカーダ”を用意してくれます。アルゼンチンでは、ピカーダは「おつまみ」です。サラミ、生ハム、チーズ、ボンディオーラを、木の盆にたっぷりと乗せてくれます。
ワインを飲みながら、窓辺で外を見ながら、午後ゆっくりと休憩するのも優雅です。
ロッジから森を5分ほど歩くと、草原からフィッツロイ北面を展望できます。
5.jpg
4.jpg
3.jpg
2.jpg

セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

パタゴニア

関連記事

  1. 映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは

    2017.08.31
  2. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  3. パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

    2016.04.25
  4. クッションような灌木が花で覆われる:マタ

    2015.08.22
  5. 2011パタゴニア旅行 ⑥ヘルシンガー牧場(その二)

    2012.02.12
  6. パタゴニア開拓史:イギリスとの因縁

    2015.10.07
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP