Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

1.jpg
チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。
ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。
この宿に宿泊することで、近郊のトレッキングへのアクセスを良くしたり、宿泊者のみが歩けるコースで「日帰りハイキング」を追加したりできます。
午後のおやつの時間には、スタッフが“ピカーダ”を用意してくれます。アルゼンチンでは、ピカーダは「おつまみ」です。サラミ、生ハム、チーズ、ボンディオーラを、木の盆にたっぷりと乗せてくれます。
ワインを飲みながら、窓辺で外を見ながら、午後ゆっくりと休憩するのも優雅です。
ロッジから森を5分ほど歩くと、草原からフィッツロイ北面を展望できます。
5.jpg
4.jpg
3.jpg
2.jpg

関連ページ

パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) ビエドマ氷河の歴史を辿る壮大なトレッキングも、ビエドマ湖で終了となる。 ウエムル峠を越えると展望も大きく変わる。 氷河と山の展望から、地平線まで広がる草原の展望へと変化するのだ。 コンドルが舞う谷間をおそるおそる覗くと、眼下にビエドマ氷河の末端部が見え...
3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間... 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】 「パタゴニア フィッツロイ展望トレッキング&ペリトモレノ氷河 10日間」(3/19~3/28) パタゴニアの秋の初め、3/19出発10日間で「フィッツロイ展望トレッキング」ツアーを企画しています。10日間という短期間ながら、フィッツロイ展望のた...
アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは... “パタゴニアの山岳写真”をテーマに、「撮影ツアー」のページを作成しました。 トレッキングのツアーでは、写真が目的の人には、どうしても満足の行く撮影ができない事がほとんどです。腰を据えてじっくりと撮影に望むために、撮影には「撮影に特化した日程」で旅行するのがベストです。もちろん、山岳写真には、山...
大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④... 果てしない雪原を歩く 雲が湧きはじめると、上空の激しい気流のため雲の動きも早く、すぐに天候も変わります。 高度の高い雲の動きは止まっているように見えますが、上空では激しい風に流されてレンズ雲となっています。 パタゴニア独特の雲といえるでしょう。 快晴の下、雪原の上にいながら暑ささえ感じて...
天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く 雪の白か空の青だけの世界だ 遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。 大陸氷床...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...

セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  2. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

    2015.10.30
  3. 2011パタゴニア旅行 ②クリスティーナ牧場

    2012.01.15
  4. 森の隙間に群落を成す:春の花・アネモネ

    2015.08.26
  5. クリスティーナ牧場⑤広大な敷地で贅沢な滞在

    2015.10.29
  6. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP