Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

1.jpg
チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。
ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。
この宿に宿泊することで、近郊のトレッキングへのアクセスを良くしたり、宿泊者のみが歩けるコースで「日帰りハイキング」を追加したりできます。
午後のおやつの時間には、スタッフが“ピカーダ”を用意してくれます。アルゼンチンでは、ピカーダは「おつまみ」です。サラミ、生ハム、チーズ、ボンディオーラを、木の盆にたっぷりと乗せてくれます。
ワインを飲みながら、窓辺で外を見ながら、午後ゆっくりと休憩するのも優雅です。
ロッジから森を5分ほど歩くと、草原からフィッツロイ北面を展望できます。
5.jpg
4.jpg
3.jpg
2.jpg

関連ページ

パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) “風の峠”デル・ビエント峠から見下ろせる小さな湖が今日のキャンプ地だ。 5日ぶりに植物の生える下界に下りてきた。湖は緑の草でみずみずしく覆われている。 上から見ると、そのキャンプ地は緑の小さな染みのようだ。 ここまで来れば大丈夫だという安堵感も嬉しい。...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む 夕方の風は、骨身に染みるように冷たい パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ 世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ 氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときお...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)... パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力 天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。 パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。 山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ...
パタゴニア・フィッツロイ直下のトレス湖で、朝日を待つ... 秋のパタゴニアは、夜明けの時間もだいぶ遅くなっています。陽が出て明るくなるのは、8時をゆうに過ぎる時間です。 朝の3時頃、チャルテン村を出てトレス湖を目指します。 暗闇で、景色はもちろん見えないので、ひたすら考え事をしながら、ときどき星空を見上げたり 未明の寒さは厳しく、前日に降った雪が全...

セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー

    2015.09.05
  2. 【パタゴニア】旅する気分を感じるために

    2013.02.21
  3. 2011パタゴニア旅行 ④レオナ牧場(エステーラ牧場)

    2012.01.29
  4. 春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②

    2015.09.02
  5. ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

    2016.08.24
  6. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘

    2014.01.17
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP