Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影


アルゼンチン・パタゴニア、フィッツロイ山麓のベースキャンプで星空を撮影する。

フィッツロイ峰と星空を撮影するのは、簡単なことではない。

天候の変化が激しいパタゴニアで、晴天で尚かつ漆黒の星空を撮ることができるタイミングには、そうそう恵まれないからだ。
1泊・2泊だけのテント泊では、そのような機会に恵まれるのは稀なのだ。

もちろん、台風のような猛烈な風が吹き荒れるので、星空撮影の時にも、“風”が大きな問題となるだろう。

星の軌跡を撮影するために、シャッターを20分開けていた。
風でカメラが揺れてしまわないかどうかが心配の種だ。

幸運にも、上空から聞こえる風の音に反して撮影場所に強風は来なかったが、時折やってくる突風には何度もヒヤリとした。

そうしてシャッターを開けている20分間、三脚のそばで佇み、満天の星空をじっと見つめていた。

関連ページ

マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...
《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...
白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日... 夏のパタゴニアは白夜なので夜明けと夕方はとても長いです。 その分、空の色の変化もたっぷり1時間以上かけて徐々に変化していきます。 赤道直下の熱帯アマゾンのように一瞬で燃えるように昇華する夕日とは異なりますが、目を離すことのできないほどに美しく静かに長い夕日は高緯度ならではの斜光線なの...
パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影... パイネ国立公園で最も展望の良い場所の一つは、ペオエ湖畔のオステリア・ペオエです。 パイネ山群の全景を、宿から見ることができるという抜群の立地条件は、朝・夕焼け・星空などパイネ山群の様々な表情を写真に収めたいのであれば、この宿が一番でしょう。 もちろん大変人気のある宿ですので、半年~1年ほ...
アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは... “パタゴニアの山岳写真”をテーマに、「撮影ツアー」のページを作成しました。 トレッキングのツアーでは、写真が目的の人には、どうしても満足の行く撮影ができない事がほとんどです。腰を据えてじっくりと撮影に望むために、撮影には「撮影に特化した日程」で旅行するのがベストです。もちろん、山岳写真には、山...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...

パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

関連記事

  1. 暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②

    2015.10.12
  2. 《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング

    2018.10.22
  3. パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在

    2014.02.25
  4. パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

    2017.06.15
  5. 「パタゴニア南部氷床トレッキング」、動画を作成しました!

    2013.05.02
  6. パタゴニアの氷河の源で起こる異変

    2015.05.10
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP