Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影


アルゼンチン・パタゴニア、フィッツロイ山麓のベースキャンプで星空を撮影する。

フィッツロイ峰と星空を撮影するのは、簡単なことではない。

天候の変化が激しいパタゴニアで、晴天で尚かつ漆黒の星空を撮ることができるタイミングには、そうそう恵まれないからだ。
1泊・2泊だけのテント泊では、そのような機会に恵まれるのは稀なのだ。

もちろん、台風のような猛烈な風が吹き荒れるので、星空撮影の時にも、“風”が大きな問題となるだろう。

星の軌跡を撮影するために、シャッターを20分開けていた。
風でカメラが揺れてしまわないかどうかが心配の種だ。

幸運にも、上空から聞こえる風の音に反して撮影場所に強風は来なかったが、時折やってくる突風には何度もヒヤリとした。

そうしてシャッターを開けている20分間、三脚のそばで佇み、満天の星空をじっと見つめていた。

関連ページ

3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ... 2017年3月18日出発で、「フィッツロイ山群トレッキングとペリトモレノ氷河 9日間」を企画しています。 今年3月に催行した企画と同じく、日本から往復9日間という最短日数で、フィッツロイ山群を2泊3日のテント泊トレッキングで歩きます。 フィッツロイのベースキャンプにテントやマットなどのキ...
パタゴニア:フィッツロイBCで迎える朝焼け... フィッツロイBCで迎える朝日の時間は、一日で最も美しい時間です。 僕自身も、神々しいフィッツロイの色彩変化を毎回見るたびに、これでおしまい、という覚悟で見るようにしていますが、幸いにも何度も見ることができています。 朝日で紫色にフィッツロイが染まると、“フィッツロイ劇場”のスタートで...
フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング... 3月下旬のパタゴニア。 だいぶツーリストが減り、トレイルも空いてきています。 フィッツロイBCに2連泊するトレッキングに同行しました。 降雪を伴う悪天の後には、スカッとパタゴニアらしい青空が広がります。 こうして、少しずつパタゴニアは秋を深めています。 ...
《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①... グリーンランドに次ぐ規模の巨大な氷、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)をテント泊で歩き、フィッツロイ・セロトーレ山群を一周する夢のようなトレッキング・ルートがあります。 アルゼンチン・パタゴニアの基点チャルテン村から、約1週間かけて、フィッツロイの裏側にそびえる厚い大陸氷床に上がり、氷河の源、そし...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...

パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パイネ国立公園でグアナコを撮影するために

    2015.02.28
  2. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  3. 「キャンプ用マテ茶セット」の実用性

    2012.04.13
  4. パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

    2015.09.15
  5. フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)

    2017.01.23
  6. アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国

    2017.04.20
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP