Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

1.jpg
2.jpg
ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指して南下する
いくつもの峠を越えて、最高所では標高4,800mに達するので、アタカマ高地の入域前には、高所順応をある程度しておく必要がある。
奇岩地帯や様々な色の砂漠を抜けて、南下するほどに人の姿は減っていく
それに反して、リャマやビクーニャを目にする機会は増えて行く
アタカマ高地の魅力は、8割くらいがボリビア側にあると考えても良いだろう。
そのボリビア側をメインに、じっくりとウユニを基点に巡るのも一案だ。
もちろん、南下してチリに国境越えをするのも良いが、復路をチリの首都・サンチャゴ経由にすることで、時間と予算に違いが生じる
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...
ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景... 乾季・ウユニ塩湖の魅力 乾季のウユニ塩湖は、塩の大平原がどこまでも続く。 欧米人には乾季のウユニ塩湖の方が人気があるのは、どこまでも車で疾走できるからだろう。 乾季らしい晴天の下、塩の平原は眩しいほどに輝いている。 2時間ほどかけて塩湖を横断すると、遠くに島影が見えてくる。 蜃...
雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する... ボリビア・雨季のウユニ塩湖 12月下旬から「雨季・ウユニ塩湖」のシーズンが始まります。 鏡張りのウユニ塩湖を展望するには、連泊が鍵となるでしょう。 雨雲が多いので、天候待ちをできる余裕を持つために、2日間は終日でウユニ塩湖に入れる時間を欲しいところです。 そして鏡張りになるた...
「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング... 岐阜県と同じ面積のウユニ塩湖 世界一巨大な塩湖・ウユニ塩湖の広さを日本でたとえると、その面積は岐阜県とほぼ同じです。標高3700mのアンデスの高原で、これほど大きな塩の塊があることを想像するのが難しい途方もないスケールです。 ウユニ塩湖の悠久の成り立ち ウユニ塩湖は、かつて海の底でした。悠...
乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合... ボリビア・雨季のウユニ塩湖、「塩のホテル」は、12月中旬~3月まで大変混み合っています。 特に年末年始は最も混む時期ですが、12/30~1/3まで、わずか数部屋(Hotel Palacio del Sal)ですが空室があります。年末年始で「塩のホテル」が確保できるのも、そろそろラスト・チャンス...

ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 塩のホテルに泊まる

    2012.04.22
  2. 《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

    2016.11.07
  3. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  4. ボリビア・アンデス高原の首都ラパスを見守る霊峰イリマニ

    2017.05.23
  5. 乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

    2018.01.06
  6. 乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)

    2015.11.29
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP