Loading

PHOTO-BLOG

ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ

1.jpg
2.jpg
峠を越えるたびに、谷を過ぎるたびに、景色は変わっていく。
家畜であるリャマの姿は徐々に減り、野生のビクーニャをよく目にするようになる。
大きな景色の中では、ついつい小さな変化の連なりを見落としてしまいそうだ
長い移動時間では、ガイドと運転手とのコミュニケーションは重要だ。
大変な悪路での時間も、ラテン人との陽気な会話がはずめば楽しいものだろう。
アタカマの山中で星空撮影をすると、ウユニ塩湖とは星空の写真の写りが違うことに気付いた
はるか南、チリのサンペドロの方角が、わずかにだが大きく赤く発光しているのだ。
3.jpg
4.jpg
6.jpg
5.jpg

関連ページ

アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」... ラクダ科リャマとは リャマは南米大陸のラクダ科の動物で、近縁にアルパカ・ビクーニャ・グアナコがいます。アルパカとともに、インカ帝国以前から数千年に渡り、人とともに暮らしてきました。アルパカが毛を利用されるのに対して、リャマは主に荷物の運搬に利用されています。リャマの毛や皮ももちろん古来より生活...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...
ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す... ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指して南下する いくつもの峠を越えて、最高所では標高4,800mに達するので、アタカマ高地の入域前には、高所順応をある程度しておく必要がある。 奇岩地帯や様々な色の砂漠を抜けて、南下するほどに人の姿は減っていく それに反して、リャマやビクーニャを目にする...
アンデス高原のラクダ「アルパカ」 アンデス高原だけに生息するラクダ科の「アルパカ」 南米アンデス高原を象徴する動物として、「アルパカ」をイメージする人は多いでしょう。アルパカの生息範囲は、標高3500~4500mの乾燥した高原地帯です。長大なアンデス山脈に沿うように、アルパカはペルー・ボリビアを中心に、エクアドルやアルゼンチン...
アタカマ高地縦断:ラグーナ・コロラダのフラミンゴ... 月面にいるかのような、荒野の多彩な景観のなか、チリ国境へと南下を続ける。 人の姿も全く見なくなり、ここは文明から切り離された別世界だ。 いくつも越える峠では、標高は4,800mに達する。 シロリ砂漠のラグーナ・コロラダから南は、「エドゥアルド・アバロア野生動物保護区」となる。 保護さ...
アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ... 早朝の夜明け前、気温はマイナス10度まで下がる。 朝は車内でも完全防備だが、陽が昇ると、車内の気温はぐんぐん上がっていく。 これほど太陽の偉大さを感じることはないだろう。 今日も砂漠を移動するが、同じ砂漠なのに景色は違う 次にどんな景色が待っているのか、常にわくわくできる ラグーナ...

ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

アタカマ高地縦断:ラグーナ・コロラダのフラミンゴ

関連記事

  1. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

    2013.04.10
  2. 雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

    2018.11.05
  3. まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

    2012.08.05
  4. 満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

    2015.07.20
  5. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  6. アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

    2019.02.15
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP