Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

1.jpg
2.jpg
早朝の夜明け前、気温はマイナス10度まで下がる。
朝は車内でも完全防備だが、陽が昇ると、車内の気温はぐんぐん上がっていく。
これほど太陽の偉大さを感じることはないだろう。
今日も砂漠を移動するが、同じ砂漠なのに景色は違う
次にどんな景色が待っているのか、常にわくわくできる
ラグーナ・ベルデは、チリ国境にある湖だ。背後に聳えるリカンカブール山は、チリとの国境線でもある。
“ベルデ”は、スペイン語で“緑”を意味する。
初冬であるこの時期は、湖の半分ほどが凍結していた。
車内は陽の光で暖かいが、外に出れば、湖が凍り付くほどの極寒なのだ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

アタカマ高地縦断:ラグーナ・コロラダのフラミンゴ

アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ

パタゴニア

関連記事

  1. アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

    2015.07.18
  2. アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ

    2015.07.03
  3. ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合

    2014.10.02
  4. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  5. 雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

    2017.10.06
  6. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」、残室わずかです。

    2012.10.03
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP