Loading

PHOTO-BLOG

ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族

アンデス山脈の小さな村・ソラタ

ボリビア・レアル山群のソラタ村は、急激に変化するボリビアの中で、ほとんどその景色を変えることのない素朴な村です。
小さな中央広場も町並みも、20年前とほとんど変わっていないような気がするほどです。
巨大な高原アルティプラーノの端から、アマゾンへと切れ落ちるて行く斜面に位置します。

とても恵まれた立地で、標高4000~5,000mの大高原アルティプラーノに比べて、農作物の収穫には適しています。
すぐ下にはアマゾンが広がるので、果物も豊富です。
標高約6,000mのイヤンプー峰の山頂部から、ソラタ村の下に見える谷の標高約2,000mくらいまで、一気に4,000mもの標高差の斜面が眼前に広がるからです。
この斜面では標高に合わせて、様々な農作物を育てることができます。

とても素朴で小さな村ですが、食べて行くには困らないほどには、大地の恵みを享受できる豊かさがあるのです。
その豊かさのおかげなのか、アルティプラーノの高原地帯の村よりも、穏やかな雰囲気が村に漂います。

ボリビアの先住民の大半は、アイマラ族です。
先インカ時代から、アンデス諸部族を大きく2つに分けると、アイマラ族とケチュア族です。
ペルーやエクアドルではケチュア族が大勢を占めるのに対して、ボリビアではアイマラ族が国の実権を握ります。

ボリビアはペルーに比べて、さらに民族色の強い国で、女性は鮮やかな民族衣装をまといます。
社会主義政権になってから、村に大きなサッカーのグラウンドができました。
夜にはナイターの照明を煌々と付けて、女性チームが練習に励んでいました。

ボリビア専用ページ

●エリア紹介:ボリビア(ウユニ塩湖)

関連ページ

チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景... 車道の無い“太陽の島”では、高台のロッジまで歩いて登ることになる。 重い荷物は全て馬に預けて、少し遠回りをして、チチカカ湖とアンデス山脈の展望を楽しみながら歩く。 島の斜面は、一面が段々畑(アンデネス)だ。畑は古い石垣に細かく仕切られている。歩いている道も古代からの生活道なので、島全体が...
アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて... 「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。 周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。 湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。 チチカカ湖とアンデス山脈を...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...
コンドルの姿をする、レアル山群の名峰コンドリリ... コンドリリ峰(5,648m) コンドルが羽を広げたような形から名付けられた、ボリビアの名峰コンドリリは、アンデス山脈のレアル山群にあります。周囲には5,000~6,000m峰がずらりと並びます。 レアル山群の麓には、平均標高が3,600~4,500mのアルティプラーノ(高原)が延々と広がりま...
アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽... アンデスの先住民の女性は、独特の帽子(山高帽)を被っている。 地域によってデザインは大きく異なってくるので、いろいろな帽子を眼にすることだろう。 南米アンデス高地を旅する時には、女性が被る帽子も写真に収めたいものだ。 アンデス系民族のケチュア族とアイマラ族は、南米に広くペルー・...
ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰... ボリビア「帝王の山脈」:レアル山群 ボリビアの高原地帯アルティプラーノとアマゾンの間、東西にボリビア仕切る屏風のようにレアル山群の山々がずらりと並びます。 そのレアル山群の山中で、山脈を望む絶景のソラタ村を目指します。 レアル山群は、「インカの王様の山脈」=帝王の山脈という意味です。 ...

レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)

<動画>アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”

パタゴニア

関連記事

  1. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  2. ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ

    2014.02.21
  3. 【ウユニ塩湖】「塩のホテル」の残室状況(2/18&2/19)

    2012.10.30
  4. ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合

    2014.10.02
  5. デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

    2015.06.26
  6. 《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

    2016.11.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP