Loading

PHOTO-BLOG

ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景

乾季・ウユニ塩湖の魅力

乾季のウユニ塩湖は、塩の大平原がどこまでも続く。

欧米人には乾季のウユニ塩湖の方が人気があるのは、どこまでも車で疾走できるからだろう。
乾季らしい晴天の下、塩の平原は眩しいほどに輝いている。

2時間ほどかけて塩湖を横断すると、遠くに島影が見えてくる。
蜃気楼もたくさん見えるので、島も蜃気楼のように大気の向こうに揺らめている。それはまるで魚が泳いでいるように見えるので「魚の島」と呼ばれることもある。

ウユニ塩湖の聖なる島:インカワシ

ウユニ塩湖に浮かぶ島「インカワシ」は、所狭しと柱サボテンが林立するサボテン島だ。
あまりにも密度が濃いので、道が無ければ人が入り込む余地がないほどだ。

天を目指すかのうように上へ上へとサボテンは背を伸ばし、大きなサボテンは高さ4~5mほどに達する。この巨体を支えるために、サボテンは地中でどれほど根を張っているのだろうか。

周囲を塩湖に囲まれたこの島だが、地下水脈が流れるらしく、その水脈がサボテンに栄養を与えているらしい。

インカ時代、そして先インカ時代から、この島は聖なる島として崇められていたのだから、この島とサボテンには何か特別なものがあるのだろう。
インカワシの「ワシ」は、インカ人の直系の子孫であるケチュア族・アイマラ族の言葉で「家」を意味する。

ウユニ塩湖の沿岸部の斜面には、サボテンは必ず生えているものだが、インカワシ島のサボテンの群生は一種独特な雰囲気が漂うほどに、サボテンに徹底的に覆われている。


雨季は冠水しているのでこの島を目指してウユニ塩湖を横断するのは難しいが、乾季は必ずこの島に行くことができる。
サボテンの間を縫うように登り、高台から望む真っ白な展望もまた見ごたえがある。

はるか彼方を往来する車が、真っ白なキャンバスを米粒ほどの大きさで動いている。
それはまるで現代アートのような異世界的な光景なのだ。

関連ページ

ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)... 塩の大平原:乾季のウユニ塩湖 乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。 真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。 まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全...
ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...
乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)... 乾季限定・ウユニ塩湖でのグランピング体験 ウユニ塩湖で乾季限定の特別プランが、キャンピングカーに滞在する日本発着グランピング体験8日間です。 ウユニ塩湖の自然を朝から晩まで体感したいのであれば、このキャンピングカーが最も良い手段です。 モデルプラン:エアストリーム滞在デラックスキャンパー ...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...

インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

《国内企画:信州①》水芭蕉フラワーハイキングと「わらび狩り」2日間

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合

    2014.10.02
  2. ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)

    2016.10.26
  3. ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没

    2016.01.26
  4. 乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

    2018.01.06
  5. ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族

    2016.09.28
  6. キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

    2015.11.06
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP