Loading

風景写真家・松井章のブログ

西表島の苔むす原生林を歩く

西表島の原生林を歩き、絶景の展望台へ


森に入った瞬間に空気が変わる。
原生林と呼ばれる深い森に入ると、空気の濃さが明らかに変わるような気がしています。

熱帯の高い気温と湿度により、土や木に生息している生命の数がとても多いからでしょう。

逆光にきらきらする樹冠を見上げるのが好きですが、油断すると木の根や岩に滑り転びそうになってしまいます。

鳥や虫の音の向こうに、水の音が聞こえてきます。
透き通る小川では、岩にはびっしりと苔が張り付いています。

川を遡行して徐々に高度を上げると、綺麗な滝がありました。

誰もいない滝で一休みして、木の根を掴みながら、さらに高度を上げます。
急坂で見上げると、徐々に空の面積が広くなってきます。

小さな峠に着くと、森の向こうに、海が見えました。
雲が多い日でしたが、雲間から少しだけ青空が見えました。

アートパネル販売「西表島の原生林」

下記リンクで、「西表島の原生林」のパネルを販売しています。
オーダーメイドで作成もできますので、お気軽にお問い合わせください。

●写真パネル「西表島の原生林」60cm x 90cm《新中古・展示品》→ https://andina.stores.jp/items/658be271ff119b11d1634b55

「聖山イリマニ」日本ボリビア協会会報誌・カントゥータに掲載

メルマガ4月号 (2024年)

関連記事

  1. ウマワカ渓谷のティルカラ遺跡へ:アルゼンチン北部サルタ地方

    2019.08.02
  2. 名峰フィッツロイの絶景:雲間から射す朝日に輝く

    2023.04.22
  3. “地中海の真珠”マヨルカ島:パルマ大聖堂の壮大な建築と歴史

    2019.10.17
  4. モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島

    2018.02.23
  5. フォト・ギャラリー「ボリビア」:新ページのご案内

    2020.05.03
  6. ボリビアの絶景:アニマスの谷とパルカ渓谷

    2023.09.01
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP