Loading

風景写真家・松井章のブログ

アタカマ高地縦断:ラグーナ・コロラダのフラミンゴ

9.jpg
2.jpg
月面にいるかのような、荒野の多彩な景観のなか、チリ国境へと南下を続ける。
人の姿も全く見なくなり、ここは文明から切り離された別世界だ。
いくつも越える峠では、標高は4,800mに達する。
シロリ砂漠のラグーナ・コロラダから南は、「エドゥアルド・アバロア野生動物保護区」となる。
保護されていることを知ってか知らずか、絶滅危惧種のビクーニャも集まっている。
ラグーナ・コロラダの水は、プランクトンと藻の影響で色が赤い。時間による光線の角度や天候で見える色は異なるので、必ず赤く見えるとは限らないだろう。
岸では温水が湧き、蒸気がもうもうと上がっている。
その蒸気の向うに、何百羽ものフランミンゴの大群を、運よく見ることができた。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
8.jpg
6.jpg

ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ

アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

関連記事

  1. 南米の“幻のラクダ”ビクーニャを撮影するベストスポット

    2019.08.09
  2. 「ボリビアの聖峰イリマニ」夕日・夜景の山岳写真/色のバランス

    2021.11.08
  3. アンデス山脈のシンボル:巨鳥コンドルの生態

    2019.12.18
  4. 審査制フォト・ギャラリー「1x」選出作品:聖山イリマニ

    2022.07.27
  5. ボリビアの夕景写真:聖なる山と人の営み

    2022.05.07
  6. まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

    2012.08.05
パタゴニア
2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP