Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ

1.jpg
2.jpg
リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう
大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。
チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう
いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。
2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通していた。
国境を越えると、すぐに道路は舗装道路になった。
一気に約2,000m下り、サンペドロ・デ・アタカマへ向かう
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...
アタカマ高地縦断:ラグーナ・コロラダのフラミンゴ... 月面にいるかのような、荒野の多彩な景観のなか、チリ国境へと南下を続ける。 人の姿も全く見なくなり、ここは文明から切り離された別世界だ。 いくつも越える峠では、標高は4,800mに達する。 シロリ砂漠のラグーナ・コロラダから南は、「エドゥアルド・アバロア野生動物保護区」となる。 保護さ...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
コンドルの姿をする、レアル山群の名峰コンドリリ... コンドリリ峰(5,648m) コンドルが羽を広げたような形から名付けられた、ボリビアの名峰コンドリリは、アンデス山脈のレアル山群にあります。周囲には5,000~6,000m峰がずらりと並びます。 レアル山群の麓には、平均標高が3,600~4,500mのアルティプラーノ(高原)が延々と広がりま...
雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する... ボリビア・雨季のウユニ塩湖 12月下旬から「雨季・ウユニ塩湖」のシーズンが始まります。 鏡張りのウユニ塩湖を展望するには、連泊が鍵となるでしょう。 雨雲が多いので、天候待ちをできる余裕を持つために、2日間は終日でウユニ塩湖に入れる時間を欲しいところです。 そして鏡張りになるた...
デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...

アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

アタカマ高地で、天の川の星空撮影

関連記事

  1. 「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

    2018.05.26
  2. 満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

    2015.07.20
  3. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  4. 刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

    2015.06.23
  5. 【ボリビア】アマゾン川の源流から

    2013.06.03
  6. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP