Loading

PHOTO-BLOG

【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

2.jpg
ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。
フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。

たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広がっている。一日をフルに使うには、キャンピングカーは最高の手段なのだ。
誰もいない場所に行きたくなったら、常備されている自転車が威力を発揮する。
5分も自転車を漕げば、耳が痛くなるほどの沈黙の世界に身を浸せる。
1.jpg
注意することといえば、キャンピングカーが視界から消えてしまうほどには、遠くまで行かないことだろう。
伝説のキャンピングカー「エアストリーム」は銀色で輝いているが、油断するとウユニ塩湖の色に溶け込んで見失うことがある

遮るものが全くないので、地平線を目指してついつい遠出してしまうが、時々後ろを振り返って復路のことを考えたい。
それは、とても贅沢な悩みなのだ。

3.jpg

関連ページ

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...
ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)... ウユニ塩湖でキャンピングカーに宿泊 日本でも各地で流行り始めた豪華キャンプ「グランピング」は、南米各地では一足先に定着しています。 欧米人の要望に応じて発展したサービスなので、想像以上に豪華で大人なクオリティです。 ボリビア・ウユニ塩湖では、デラックス・キャンパーをお勧めしています...
乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...
「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング... 岐阜県と同じ面積のウユニ塩湖 世界一巨大な塩湖・ウユニ塩湖の広さを日本でたとえると、その面積は岐阜県とほぼ同じです。標高3700mのアンデスの高原で、これほど大きな塩の塊があることを想像するのが難しい途方もないスケールです。 ウユニ塩湖の悠久の成り立ち ウユニ塩湖は、かつて海の底でした。悠...

キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】「南米ナイト」&「パタゴニア・トレッキング」

パタゴニア

関連記事

  1. アンデス高原のラクダ「アルパカ」

    2019.01.28
  2. ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

    2017.07.17
  3. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  4. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  5. アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.07.02
  6. 《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

    2016.11.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP