Loading

PHOTO-BLOG

【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

2.jpg
ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。
フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。

たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広がっている。一日をフルに使うには、キャンピングカーは最高の手段なのだ。
誰もいない場所に行きたくなったら、常備されている自転車が威力を発揮する。
5分も自転車を漕げば、耳が痛くなるほどの沈黙の世界に身を浸せる。
1.jpg
注意することといえば、キャンピングカーが視界から消えてしまうほどには、遠くまで行かないことだろう。
伝説のキャンピングカー「エアストリーム」は銀色で輝いているが、油断するとウユニ塩湖の色に溶け込んで見失うことがある

遮るものが全くないので、地平線を目指してついつい遠出してしまうが、時々後ろを振り返って復路のことを考えたい。
それは、とても贅沢な悩みなのだ。

3.jpg

キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】「南米ナイト」&「パタゴニア・トレッキング」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

    2015.06.26
  2. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  3. 世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

    2017.04.08
  4. 乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

    2015.03.10
  5. ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

    2015.06.27
  6. 《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

    2016.11.07
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP