Loading

PHOTO-BLOG

キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

1.jpg
ウユニ塩湖の魅力は、地平線まで広がる“大平原”だろう。
できれば、誰もいない場所で、地平線までの広がりをたっぷり感じたいものだ。
ウユニ塩湖の「キャンピング・カー」は、そんな夢を叶えてくれる。
通りがかりのツーリストも現れないウユニ塩湖の奥で、高級な施設とサービスで、気が済むまでウユニ塩湖を体験するのがコンセプトだ。
アメリカから輸入しているのでなかなか台数は増えず、今年やっと3台目が購入されたところだ。
乾季限定に催行していたキャンプ・ツアーは、2016年からは雨季も催行することになった。
雨季はツーリストが一ヶ所に集中しがちであるが、キャンピング・カーであれば誰も来ない場所で一日中過ごせるのだ。
●ボリビアURL: https://www.andina-travel.com/bolivia2.html
2.jpg
3.jpg
4.jpg

関連ページ

乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④... ウユニ塩湖で望む星空は格別だ 360度の周囲に凹凸さえもない、本当に何もない場所で、満天の星を独り占めできるとしたら、 それはなんという贅沢な経験だろうか。 月出の時間は深夜なので、夕食後に早速、星空撮影を開始する。 降るような星、とはまさにこのことだろう。 防寒具を着込み、時々キ...
デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...
「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング... 岐阜県と同じ面積のウユニ塩湖 世界一巨大な塩湖・ウユニ塩湖の広さを日本でたとえると、その面積は岐阜県とほぼ同じです。標高3700mのアンデスの高原で、これほど大きな塩の塊があることを想像するのが難しい途方もないスケールです。 ウユニ塩湖の悠久の成り立ち ウユニ塩湖は、かつて海の底でした。悠...
ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)... ウユニ塩湖でキャンピングカーに宿泊 日本でも各地で流行り始めた豪華キャンプ「グランピング」は、南米各地では一足先に定着しています。 欧米人の要望に応じて発展したサービスなので、想像以上に豪華で大人なクオリティです。 ボリビア・ウユニ塩湖では、デラックス・キャンパーをお勧めしています...
【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ... ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。 フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。 たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広...
ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)... 塩の大平原:乾季のウユニ塩湖 乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。 真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。 まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全...

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【動画】アマゾン・ヤクマ自然保護区のジャングルロッジ

    2015.01.03
  2. ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景

    2018.01.13
  3. ボリビア・アマゾンの魅力②:アマゾン川クルーズ

    2013.06.26
  4. 【雨季・ウユニ塩湖】年末年始「塩のホテル」のお部屋、確保しています!

    2013.05.17
  5. ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

    2015.06.29
  6. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP