Loading

PHOTO-BLOG

刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

1.jpg
2.jpg
ウユニ塩湖の上でキャンプする、という地の理を活かして
移り変わる時間で変化する「色彩」の変化を楽しみたい
小さな定点観測を決め込み、じっくりとウユニ塩湖に取り組むのも
デラックス・キャンパーだからできる特権だ。
黎明から日の出、薄暮から日没、そして満天の星空まで
乾季にはマイナス10度まで冷え込むこともあるが、暖房の効いた車内を利用すれば
寒さをあまり気にせずに、取り巻く自然にどっぷりと浸かることができる
3.jpg
4.jpg
5.jpg

宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④

関連記事

  1. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  2. 乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

    2014.07.11
  3. 《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ

    2016.11.07
  4. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
  5. ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ

    2014.02.21
  6. 世界最高所の首都ラパスの絶景の秘密(ボリビア)

    2017.04.08
パタゴニア
2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP