Loading

PHOTO-BLOG

宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

1.jpg
2.jpg
ウユニ塩湖のイメージに合うキャンピングカーとして、この銀色で流線型の“エアストリーム”が選ばれた。
高級キャンピングカーとして有名な“エアストリーム”はボリビアでは販売されていないので、アメリカから輸入したそうで、オーナーの意気込みが伝わってくる。
内装も豪華で、ソファとベッドを始め、水洗トイレからホット・シャワーまでを完備している。
乾季は特に冷える季節だが、暖房も備えているので、車内ではシャツ一枚でも快適に過ごせる。
窓越しに、ウユニ塩湖の大平原を望めるのが何よりも贅沢だ。
3.jpg
5.jpg
4.jpg

ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①

刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

関連記事

  1. 乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

    2014.07.11
  2. ウユニ塩湖で「食」にこだわる:日帰り観光の特別プラン

    2019.07.30
  3. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
  4. 雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

    2018.11.05
  5. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」

    2013.04.10
  6. ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」

    2013.06.21
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP