Loading

PHOTO-BLOG

宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

1.jpg
2.jpg
ウユニ塩湖のイメージに合うキャンピングカーとして、この銀色で流線型の“エアストリーム”が選ばれた。
高級キャンピングカーとして有名な“エアストリーム”はボリビアでは販売されていないので、アメリカから輸入したそうで、オーナーの意気込みが伝わってくる。
内装も豪華で、ソファとベッドを始め、水洗トイレからホット・シャワーまでを完備している。
乾季は特に冷える季節だが、暖房も備えているので、車内ではシャツ一枚でも快適に過ごせる。
窓越しに、ウユニ塩湖の大平原を望めるのが何よりも贅沢だ。
3.jpg
5.jpg
4.jpg

関連ページ

ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...
乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④... ウユニ塩湖で望む星空は格別だ 360度の周囲に凹凸さえもない、本当に何もない場所で、満天の星を独り占めできるとしたら、 それはなんという贅沢な経験だろうか。 月出の時間は深夜なので、夕食後に早速、星空撮影を開始する。 降るような星、とはまさにこのことだろう。 防寒具を着込み、時々キ...
ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在... デラックス・キャンパーで貸切る“ウユニ塩湖” ウユニ塩湖でグランピングする。この途方も無い体験は、キャンピングカー「エアストリーム」を使用して実現できます。それはまるで「ウユニ塩湖を貸切る」贅沢です。 ボリビア・ウユニ塩湖は、年間を通して世界中からツーリストが訪れます。日本人は主に12月...
刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③... ウユニ塩湖の上でキャンプする、という地の理を活かして 移り変わる時間で変化する「色彩」の変化を楽しみたい 小さな定点観測を決め込み、じっくりとウユニ塩湖に取り組むのも デラックス・キャンパーだからできる特権だ。 黎明から日の出、薄暮から日没、そして満天の星空まで 乾季にはマイナス1...
キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力... ウユニ塩湖の魅力は、地平線まで広がる“大平原”だろう。 できれば、誰もいない場所で、地平線までの広がりをたっぷり感じたいものだ。 ウユニ塩湖の「キャンピング・カー」は、そんな夢を叶えてくれる。 通りがかりのツーリストも現れないウユニ塩湖の奥で、高級な施設とサービスで、気が済むまでウユニ塩湖...
デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...

ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①

刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空

    2017.06.30
  2. アタカマ高地縦断:シロリ砂漠をラグーナベルデへ

    2015.07.02
  3. 雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来

    2018.11.05
  4. 【ボリビア】アアゾン川源流域のピンクイルカ <ビデオ>

    2013.06.13
  5. ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」

    2013.06.21
  6. アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ

    2015.07.03
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP