Loading

PHOTO-BLOG

乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)

1.jpg

乾季限定・ウユニ塩湖でのグランピング体験

ウユニ塩湖で乾季限定の特別プランが、キャンピングカーに滞在する日本発着グランピング体験8日間です。
ウユニ塩湖の自然を朝から晩まで体感したいのであれば、このキャンピングカーが最も良い手段です。

モデルプラン:エアストリーム滞在デラックスキャンパー

ウユニ塩湖でグランピング:「デラックス・キャンパー」に滞在
1日目:日本を出国して北米経由。
2日目:ラパス着。便や経由地により、午前または午後に着きます。空港で英語ガイドと合流。
「半日ラパス観光」 ※高山病には十分な注意と予防措置が必要です。
3日目:朝、専用車で空港へ送迎。国内線でウユニへ。
ウユニ空港で、デラックス・キャンパーの英語ガイドと合流します。午前中は専用車のランドクルーザーでウユニ町と塩の工場などを観光。お昼頃、ウユニ塩湖のキャンピングカーの野営地に移動します。
※昼食から各食事は、ラパスから連れてきた専属コックが調理します。ウユニ塩湖の塩を舐めて育ったリャマのステーキなどお勧めです。飲み物、軽食も全てインクルーシブです。
昼食後は、キャンピングカーで少し休憩します。自転車を漕いで付近を散策もできますが、時差ボケと高山病の初期症状もあるので少し休みたいところです。
夕刻は、専用車で塩湖の北岸の丘に上陸して往復1時間ほどのハイキングをします。
4日目:午前中はウユニ塩湖北岸の村を訪ねてから、高台に登りウユニ塩湖を一望します。キャンプに戻り、午後までキャンプでゆっくり滞在。午後、サボテンの島で有名なインカワシ島へ。夕刻、夕陽を見ながら、キャンプへ戻ります。
5日目:朝食後、国内線のスケジュールに合わせて、ウユニ空港へ。国内線でラパスへ移動します。専用車でホテルへ移動。午後は、フリータイム。繁華街のサガルナガ通りを歩くのに良い時間です。夜は、民族音楽ディナーショー。
6日目:国際線の出発時間に合わせて、空港へ。国際線出発。
7日目:リマまたは北米経由
8日目:午後、日本着。

ウユニ塩湖を独り占めするデラックスキャンパー

この「デラックス・キャンパー」は、伝説的なキャンピングカー「エアストリーム」に宿泊します。電気・暖房・トイレ・シャワーを完備したキャンピングカーで5星のキャンプをしながら、朝日・夕日・星空まで塩の大平原で望みます。
上記のように2泊3日の間、ウユニ塩湖に最大限に滞在できます。ドアを開ければ、そこにウユニ塩湖があるのですから、星空を見るなり朝日を見るなり、とにかくウユニ塩湖に最も近いのです。
朝晩はとても冷え込みますが、キャンピングカーは夕方から朝までは暖房を付けていますので、中はとても暖かいです。水洗トイレ、ホットシャワーも完備、ベッド以外に、大きなソファーとテーブルのリビング・スペースもあるので、窓辺にウユニ塩湖を望みながら、車内でのんびり過ごすのも良いです。
キャンピングカーでの滞在中、専属ガイドはフルタイムでアテンドします。その他、専属コック、ウェイター、キャンプ長、ドライバー2名が、キャンプ・スタッフとして同行します。
※ツアーは、2名様から催行可能です。
キャンピングカーは現在3台あります。一台当たり2名、子供用にトリプル利用も可能です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
webq.png

関連ページ

アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...
【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ... ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。 フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。 たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...

ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間

レンソイス・トレッキングのベストシーズン

関連記事

  1. キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

    2015.11.06
  2. 宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

    2015.06.21
  3. ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」

    2013.06.21
  4. 満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」

    2015.07.20
  5. 【ボリビア】「太陽の島」を歩き、丘の上のロッジに泊まる

    2013.12.26
  6. インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

    2018.01.09
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP