Loading

PHOTO-BLOG

乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)

1.jpg

乾季限定・ウユニ塩湖でのグランピング体験

ウユニ塩湖で乾季限定の特別プランが、キャンピングカーに滞在する日本発着グランピング体験8日間です。
ウユニ塩湖の自然を朝から晩まで体感したいのであれば、このキャンピングカーが最も良い手段です。

モデルプラン:エアストリーム滞在デラックスキャンパー

ウユニ塩湖でグランピング:「デラックス・キャンパー」に滞在
1日目:日本を出国して北米経由。
2日目:ラパス着。便や経由地により、午前または午後に着きます。空港で英語ガイドと合流。
「半日ラパス観光」 ※高山病には十分な注意と予防措置が必要です。
3日目:朝、専用車で空港へ送迎。国内線でウユニへ。
ウユニ空港で、デラックス・キャンパーの英語ガイドと合流します。午前中は専用車のランドクルーザーでウユニ町と塩の工場などを観光。お昼頃、ウユニ塩湖のキャンピングカーの野営地に移動します。
※昼食から各食事は、ラパスから連れてきた専属コックが調理します。ウユニ塩湖の塩を舐めて育ったリャマのステーキなどお勧めです。飲み物、軽食も全てインクルーシブです。
昼食後は、キャンピングカーで少し休憩します。自転車を漕いで付近を散策もできますが、時差ボケと高山病の初期症状もあるので少し休みたいところです。
夕刻は、専用車で塩湖の北岸の丘に上陸して往復1時間ほどのハイキングをします。
4日目:午前中はウユニ塩湖北岸の村を訪ねてから、高台に登りウユニ塩湖を一望します。キャンプに戻り、午後までキャンプでゆっくり滞在。午後、サボテンの島で有名なインカワシ島へ。夕刻、夕陽を見ながら、キャンプへ戻ります。
5日目:朝食後、国内線のスケジュールに合わせて、ウユニ空港へ。国内線でラパスへ移動します。専用車でホテルへ移動。午後は、フリータイム。繁華街のサガルナガ通りを歩くのに良い時間です。夜は、民族音楽ディナーショー。
6日目:国際線の出発時間に合わせて、空港へ。国際線出発。
7日目:リマまたは北米経由
8日目:午後、日本着。

ウユニ塩湖を独り占めするデラックスキャンパー

この「デラックス・キャンパー」は、伝説的なキャンピングカー「エアストリーム」に宿泊します。電気・暖房・トイレ・シャワーを完備したキャンピングカーで5星のキャンプをしながら、朝日・夕日・星空まで塩の大平原で望みます。
上記のように2泊3日の間、ウユニ塩湖に最大限に滞在できます。ドアを開ければ、そこにウユニ塩湖があるのですから、星空を見るなり朝日を見るなり、とにかくウユニ塩湖に最も近いのです。
朝晩はとても冷え込みますが、キャンピングカーは夕方から朝までは暖房を付けていますので、中はとても暖かいです。水洗トイレ、ホットシャワーも完備、ベッド以外に、大きなソファーとテーブルのリビング・スペースもあるので、窓辺にウユニ塩湖を望みながら、車内でのんびり過ごすのも良いです。
キャンピングカーでの滞在中、専属ガイドはフルタイムでアテンドします。その他、専属コック、ウェイター、キャンプ長、ドライバー2名が、キャンプ・スタッフとして同行します。
※ツアーは、2名様から催行可能です。
キャンピングカーは現在3台あります。一台当たり2名、子供用にトリプル利用も可能です。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
webq.png

関連ページ

ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...
デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③... ウユニ塩湖の上でキャンプする、という地の理を活かして 移り変わる時間で変化する「色彩」の変化を楽しみたい 小さな定点観測を決め込み、じっくりとウユニ塩湖に取り組むのも デラックス・キャンパーだからできる特権だ。 黎明から日の出、薄暮から日没、そして満天の星空まで 乾季にはマイナス1...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...
キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力... ウユニ塩湖の魅力は、地平線まで広がる“大平原”だろう。 できれば、誰もいない場所で、地平線までの広がりをたっぷり感じたいものだ。 ウユニ塩湖の「キャンピング・カー」は、そんな夢を叶えてくれる。 通りがかりのツーリストも現れないウユニ塩湖の奥で、高級な施設とサービスで、気が済むまでウユニ塩湖...

ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間

レンソイス・トレッキングのベストシーズン

パタゴニア

関連記事

  1. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」、残室わずかです。

    2012.10.03
  2. 【ボリビア】「太陽の島」を歩き、丘の上のロッジに泊まる

    2013.12.26
  3. 【動画】アマゾンのレイナ・デ・エニン号クルーズ

    2015.01.10
  4. 【動画】アマゾン・ヤクマ自然保護区のジャングルロッジ

    2015.01.03
  5. 【ボリビア】アマゾン川の源流から

    2013.06.03
  6. 乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

    2014.07.11
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP