Loading

PHOTO-BLOG

乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④

1.jpg
2.jpg
ウユニ塩湖で望む星空は格別だ
360度の周囲に凹凸さえもない、本当に何もない場所で、満天の星を独り占めできるとしたら、
それはなんという贅沢な経験だろうか。
月出の時間は深夜なので、夕食後に早速、星空撮影を開始する。
降るような星、とはまさにこのことだろう。
防寒具を着込み、時々キャンピングカーに避難しながら、星空との対話をたっぷり数時間ほど楽しんだ。
天の南極を中心に、天の川はゆっくりと確実に回っている
南十字星は、一度慣れるとすぐに見つけられる、まさに南への道しるべであった
3.jpg
4.jpg

関連ページ

ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在... デラックス・キャンパーで貸切る“ウユニ塩湖” ウユニ塩湖でグランピングする。この途方も無い体験は、キャンピングカー「エアストリーム」を使用して実現できます。それはまるで「ウユニ塩湖を貸切る」贅沢です。 ボリビア・ウユニ塩湖は、年間を通して世界中からツーリストが訪れます。日本人は主に12月...
乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)... 乾季限定・ウユニ塩湖でのグランピング体験 ウユニ塩湖で乾季限定の特別プランが、キャンピングカーに滞在する日本発着グランピング体験8日間です。 ウユニ塩湖の自然を朝から晩まで体感したいのであれば、このキャンピングカーが最も良い手段です。 モデルプラン:エアストリーム滞在デラックスキャンパー ...
雨季・ウユニ塩湖:“天空の鏡”のベストシーズン到来... 雨季のウユニ塩湖シーズン 12月~3月下旬は、雨季・ウユニ塩湖のシーズンです。広大なウユニ塩湖に薄く水が張り、鏡のように空を反射することから「天空の鏡」と呼ばれることもあります。 ウユニ塩湖は、ボリビアのアンデス高原の一部です。アンデス高原は、標高3700m~4800mに渡り、ペルー・ボ...
ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)... 塩の大平原:乾季のウユニ塩湖 乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。 真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。 まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...

刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ

    2015.07.03
  2. ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ

    2014.02.21
  3. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  4. 【ボリビア】アマゾン川の源流から

    2013.06.03
  5. ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没

    2016.01.26
  6. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP