Loading

PHOTO-BLOG

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

1.jpg
2.jpg
専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ
ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ
特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐めて育った(はず)の、リャマ・ステーキは格別なのだ
キヌアのサラダ”Soloterito”も素晴らしい。
このサラダが美味しいレストランでは、他の料理も美味しいと考えて良いと思う。
地平線まで見渡せるウユニ塩湖の真っただ中という、レストランとしては最高の“場”で、「食」も漫喫できる。
3.jpg
5.jpg
4.jpg

関連ページ

雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する... ボリビア・雨季のウユニ塩湖 12月下旬から「雨季・ウユニ塩湖」のシーズンが始まります。 鏡張りのウユニ塩湖を展望するには、連泊が鍵となるでしょう。 雨雲が多いので、天候待ちをできる余裕を持つために、2日間は終日でウユニ塩湖に入れる時間を欲しいところです。 そして鏡張りになるた...
「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...
ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合... ボリビア・雨季のウユニ塩湖、「塩のホテル」は、12月中旬~3月まで大変混み合っています。 特に年末年始は最も混む時期ですが、12/30~1/3まで、わずか数部屋(Hotel Palacio del Sal)ですが空室があります。年末年始で「塩のホテル」が確保できるのも、そろそろラスト・チャンス...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)... ウユニ塩湖でキャンピングカーに宿泊 日本でも各地で流行り始めた豪華キャンプ「グランピング」は、南米各地では一足先に定着しています。 欧米人の要望に応じて発展したサービスなので、想像以上に豪華で大人なクオリティです。 ボリビア・ウユニ塩湖では、デラックス・キャンパーをお勧めしています...

乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④

ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

パタゴニア

関連記事

  1. 【ボリビア】「太陽の島」を歩き、丘の上のロッジに泊まる

    2013.12.26
  2. まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

    2012.08.05
  3. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
  4. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  5. 「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

    2018.05.26
  6. ボリビア・ティワナク遺跡と先インカ時代の謎

    2019.01.31
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP