Loading

PHOTO-BLOG

ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

1.jpg
市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ
アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。
イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。
旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向かう。
夕方のラッシュの喧騒も、展望台では別世界のように遠くに聴こえるものだ。
夕闇が迫る頃、夕刻の光線は鋭く鮮やかにイリマニ山を照らした
ほんの一瞬が過ぎると、空はたちまち暗くなる
今度は、イリマニ山を背後に、ラパスの夜景撮影だ
2.jpg
3.jpg

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

関連記事

  1. ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」

    2013.06.21
  2. 【イベントのご案内】「アンデスが呼んでいる! ボリビアのフォルクローレ・ダンスを…

    2014.12.20
  3. チチカカ湖・インカ発祥の聖地“太陽の島”

    2020.08.11
  4. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
  5. ボリビア・レアル山群のソラタ村:民族衣装とアイマラ族

    2016.09.28
  6. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
パタゴニア
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!