Loading

PHOTO-BLOG

ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

1.jpg
市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ
アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。
イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。
旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向かう。
夕方のラッシュの喧騒も、展望台では別世界のように遠くに聴こえるものだ。
夕闇が迫る頃、夕刻の光線は鋭く鮮やかにイリマニ山を照らした
ほんの一瞬が過ぎると、空はたちまち暗くなる
今度は、イリマニ山を背後に、ラパスの夜景撮影だ
2.jpg
3.jpg

関連ページ

ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
ボリビア・チチカカ湖「太陽の島」:絶景のロッジで望む朝日・夕日・星空... ボリビア・チチカカ湖:インカ文明の発祥の「太陽の島」 インカ文明の発祥の地「太陽の島」から望む、アンデス山脈の展望は忘れることのない絶景だった。 標高3,800mのチチカカ湖は、東京・埼玉・神奈川を合わせた面積とほぼ同じなほど巨大で、半分はペルー、半分はボリビアになる。 古来から利...
満天の星空を撮影:チチカカ湖「太陽の島」... 夜の暗闇が訪れると、チチカカ湖の夜空は満点の星空だった。 東の空に“天の川”が現れると、宿の庭に三脚を据えて、じっくりと星空に向き合う。 その前の夕食時に、ボリビア産の“Aranjuez”というワインをいただいたので、3杯ほど飲んでいた。高所なので酔いの回りが早く、おかげで星空撮影の時に...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ... 霊峰イリマニとボリビアの首都ラパス 首都ラパス(3800m)を見守るように鎮座するイリマニ山は、太陽神インティの象徴として、古くから先住民に信仰の対象として敬われる霊峰です。 市内の展望台からは、市街地の上に屹立するイリマニ山の迫力ある景色を望めます。 単独峰で、どっしりとした存在...
ボリビア・アンデス高原の首都ラパスを見守る霊峰イリマニ... 世界最高所の首都ラパス ボリビアのアンデス高原、標高約3800mの都市ラパスは、世界最高所の首都として有名です。 すり鉢状の盆地の中心部に向けて、標高が少しでも低く空気の濃い所が人気があるのは、低地に住む我々と異なる特徴の一つでしょう。 2006年の政権交代により、エボ・モラレス大統領...

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 【ウユニ塩湖】「塩のホテル」の残室状況(2/18&2/19)

    2012.10.30
  2. “天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

    2012.08.01
  3. 【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

    2015.11.07
  4. 乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)

    2015.11.29
  5. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
  6. 刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

    2015.06.23
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP