Loading

PHOTO-BLOG

ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

1.jpg
市街のどこからも望める霊峰イリマニ山は、ラパスのシンボルのような山だ
アンデス山脈の支脈・レアル山群の東端に位置する単独峰で、“イリマニ”は先住民アイマラ族の言葉で「黄金のコンドル」を意味する。
イリマニ山を背後に配して、ラパス市街の写真を撮りたかった。
旧市街の細い路地を辿り、展望台へ向かう。
夕方のラッシュの喧騒も、展望台では別世界のように遠くに聴こえるものだ。
夕闇が迫る頃、夕刻の光線は鋭く鮮やかにイリマニ山を照らした
ほんの一瞬が過ぎると、空はたちまち暗くなる
今度は、イリマニ山を背後に、ラパスの夜景撮影だ
2.jpg
3.jpg

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

ウユニ塩湖から、アタカマ高地を目指す

関連記事

  1. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  2. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  3. 食堂車を新設:ウユニ塩湖グランピング

    2019.07.28
  4. 刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③

    2015.06.23
  5. ボリビア・アマゾン:木造船レイナ・デ・エニン号クルーズ

    2014.02.21
  6. ペルー旅行の魅力を解説③:“天空の湖”チチカカ湖

    2020.04.17
パタゴニア
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP