Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

1.jpg
クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。
ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。
南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力もかなり必要らしい。
開拓時代の探検隊にとって、アルゼンチン湖とビエドマ湖を西廻りで繋ぐ「回廊」のような道であった。
大陸氷床による極南の気象、希少価値の高い山岳景観、そして開拓時代の雰囲気を味わうために、いつかこの道を歩いてみたいものだ。
2.jpg
3.jpg

関連ページ

3/19~3/28:パタゴニア・トレッキング 10日間... 【ひとたびxアンディーナトラベル=コラボ企画】 「パタゴニア フィッツロイ展望トレッキング&ペリトモレノ氷河 10日間」(3/19~3/28) パタゴニアの秋の初め、3/19出発10日間で「フィッツロイ展望トレッキング」ツアーを企画しています。10日間という短期間ながら、フィッツロイ展望のた...
メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア... 一頭の羊から取れる羊毛は、約4キロほどだ。 育つ土地の豊かさにより一頭から収穫できる羊毛の量も異なってくる。 刈られた毛は、作業台の上に乗せられて、すぐに選別される。 条件の良い毛から等級にいくつか分けて行くのだ。 こうして選別された等級ごとに、羊毛はブロック状に圧縮されて倉庫に積まれて...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場④静かで贅沢な滞在... 静かなクリスティーナ牧場では、やはり食事の時間もとても静かだ。 最大でも9名ほどのゲストしか泊まれないので、全てに余裕があり、とにかく静かなのだ。 テーブルと窓はノルテ峰側にあるので、山を見ながら自分の時間の中で食事を楽しむ。 賑やかな雰囲気の中で、羊の丸焼き(パリーシャ)を食べるのもラテ...
春のパタゴニアのシンボル:カラファテの花②... もう一種類のカラファテは、葉の形が線形であるのが特徴だ。 乾燥した土壌や岩石質を好むので、パタゴニアの平原に広く見られる。より過酷な、パタゴニアらしい環境に適応している。 綺麗な花や熟した実を眼にして、思わず手を伸ばしてしまうが、鋭いトゲを持っていることには注意したい。 広い大平原に、黄色...
南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)... スペイン伝来の伝統料理:エンパナーダ スペイン伝来の「エンパナーダ」は、南米各国で愛されているミートパイです。屋台でも買えるし、一流レストランでは前菜で出されたりと、南米ではなくてはならない存在でしょう。 このパイは屋台などの安いものは油で揚げているので、胃にもたれることがあります。やは...
パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き... パタゴニアの名物料理アサードとは パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。 野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。 日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、...

クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

関連記事

  1. 天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原

    2015.05.23
  2. アルゼンチンの牧場① 毛刈り 

    2011.04.21
  3. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

    2015.10.30
  4. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  5. 劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

    2015.12.16
  6. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP