Loading

PHOTO-BLOG

ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰

1.jpg
クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。
ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。
南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力もかなり必要らしい。
開拓時代の探検隊にとって、アルゼンチン湖とビエドマ湖を西廻りで繋ぐ「回廊」のような道であった。
大陸氷床による極南の気象、希少価値の高い山岳景観、そして開拓時代の雰囲気を味わうために、いつかこの道を歩いてみたいものだ。
2.jpg
3.jpg

関連ページ

アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ... アルゼンチン開拓のシンボル「牧童ガウチョ」 パタゴニアの大草原の主役といえば、羊を追う「牧童」です。 延々と続く大草原を見ていると、同じように延々と有刺鉄線も延々と続いていることに気づきます。 開拓全盛の約100年ほど前に、パタゴニアの広大な草原は隈なく有刺鉄線で区切られ、大牧場(エスタン...
パタゴニアの風物詩:羊の毛刈り 夏はパタゴニア各地のエスタンシア(大牧場)で、羊の毛刈りが行われる。 一般的な牧場でも数万ヘクタールに及ぶ広さを、数人の牧童達だけで管理している。 数万頭いる羊の毛刈りをするには、毛刈り専門業者の助けが必要だ。 日本の2倍以上の面積を誇るパタゴニアに、このような牧場が1万近くある。パタゴニ...
パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...
パタゴニア開拓史:大草原パンパを旅する牧童・ガウチョ... パタゴニアの大草原・パンパ パタゴニアの東半分に広がる大草原・パンパにいると、あまりにも大きな空はまるで世界を覆っていることに気付く。 都市部や山岳地帯とも異なり、パタゴニアの草原は地平線のどこまでも続き、空はのしかかるように広い。 その大草原の広さは、約20年以上も前に長距離バスで、...
暴風が吹き荒れる絶景の谷:ヘルシンガー牧場②... ビエドマ湖の西の外れに位置するヘルシンガー牧場は、大陸氷床から冷たく激しい風が吹き下りる“氷河谷”にある。 西側の山脈が、大陸氷床の分厚い氷を堰き止める役を果たしている。 その氷床の氷が山脈を越えて溢れ出てきているのが、氷河だ。 氷河を辿るように、風も吹き下りてくる。 ヘルシンガー牧場の...

クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

パタゴニア

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場② ノルテ峰へ向けて

    2015.10.24
  2. 【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

    2013.03.08
  3. 湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

    2016.08.29
  4. 《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング

    2018.10.22
  5. 《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡

    2018.08.27
  6. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP