Loading

PHOTO-BLOG

カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

2.jpg
カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。
今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。
古びたバスの窓の隙間から土埃が舞い込み、バスの中には土の匂いが満ちていたものだ。そんな土埃の舞う車内から望むフィッツロイは格別であった。
今ではこの道も舗装されて、アクセスは圧倒的に良くなった。
パタゴニアが年々身近になることを喜ぶべきだろうが、それはそれで寂しい部分もあるのだ。
1.jpg

関連ページ

海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは... 過酷な環境に柔軟に対応する「ダッフルバッグ」 防水で耐久性のある「ダッフルバッグ」は、海外トレッキングや秘境地域で大きく活躍します。パタゴニア、ペルーやボリビアのアンデス山脈、ギアナ高地やレンソイス砂漠など、あらゆるアウトドア・シーンで必要な基本装備です。 ポーターやロバ(リャマ)が運ぶ...
マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行... 憧れのアンデス大縦断道「ルート40」 アルゼンチンの人々にとって、「ルート40」という名詞は特別な意味を持つ。アメリカでいえば“ルート66”のような存在だろう。「ルート40」は冒険への憧れの対象として、アルゼンチン人であれば誰もがいつか辿ってみたい道なのだ。 「ルート40」は、アルゼンチ...

フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア

パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

関連記事

  1. 2011パタゴニア旅行 ①中部パタゴニア

    2012.01.08
  2. パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント

    2016.09.06
  3. 3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ

    2016.10.12
  4. パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

    2018.07.20
  5. パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」

    2015.09.28
  6. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP