Loading

PHOTO-BLOG

チャルテンからさらに北へ:パタゴニアのサンマルティン湖


南部パタゴニアの基点となるカラファテから北へ約3.5時間。
チャルテン村はフィッツロイ峰の山麓の小さな村です。

ここより北の地域は、まだまだツーリストには未開発の地域です。

チャルテン村から片道5時間の悪路を通り、美しい氷河湖・サンマルティンの畔、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)へ行ってきました。

この周辺には、パタゴニアの古き良き時代の雰囲気が残ります。



関連ページ

パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて... パタゴニアの草原を闊歩する「ガウチョ」 パタゴニアの草原を闊歩する牧童「ガウチョ」にとって、大空と草原はきっと世界そのものだ。 360度の地平線に覆いかぶさるような「空」は、天蓋というべき存在感だ。パタゴニアでは常に空の大きさを感じるほどに、あまりにも大きく、その大きさに耐えられない圧迫...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡... ウプサラ氷河の展望台は、クリスティーナ牧場の裏山にある。 往路は車で行き、復路はトレイルを歩いて下りるのがお勧めだ。 車で20分ほど斜面を登ると、すぐに樹林帯を抜けて岩盤がむき出しの荒涼とした風景に変わる。 地球の歴史のスパンで考えれば、ついさっきまで、ここは氷河に覆われていたのだ。 展...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア... 荒涼とした谷の中から、草原帯に抜けると空気が変わる。 風が吹いていることが一番大きな違いだろう。 まだ氷河が去ったばかりで生き物の気配の無い谷は、風も吹きこまないことから、自分の足音や服のこすれる音が聞こえるほどに、シンとして音の無い世界なのだ。 空を見上げれば、雲がゴンゴンと流れて行くの...
パタゴニアの暴風と静かなエスタンシア(牧場)滞在... パタゴニア大陸氷床(南部氷原)から吹き降ろす風は、時に信じがたいほどの強さで吹きます。そのような風が吹く谷には、写真のような木を目にすることでしょう。 常に同じ方向から風が吹くので、このような形になってしまったのです。 この木は、エスタンシア(大牧場)の防風林ですので、その役目を十分に果たし...
パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...

マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』

サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

パタゴニア

関連記事

  1. 写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』

    2017.10.03
  2. 写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

    2018.02.26
  3. パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

    2014.09.07
  4. パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①

    2015.09.01
  5. パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓

    2017.06.23
  6. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP