Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ


南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。

パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。
カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く異なるのです。

フィッツロイの南に広がるビエドマ湖の東岸に差し掛かると、フィッツロイ山群がずらりと見えてきます。
空を見上げれば、頭上は晴れていますが、フィッツロイ側は鈍く曇っていたりします。

国道40号線から、チャルテン村に続く23号線に入ると、進行方向のちょうど正面にフィッツロイ山群が見えてきます。

曇りで薄暗い空に、雲間から陽が差すと、えも言われぬ美しさを一瞬だけ見せてくれることもあります。

晴れている時は良いですが、曇りの時でも、雲や太陽が絶妙なライティングで鮮やかなにフィッツロイを見せてくれたりします。


関連ページ

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水... フィッツロイ山麓から流れる川の水は、そのまま飲めるほどに清冽です。 セロ・トーレの湖から直接流れてくる川の水は、氷河から溶け込んだ細かいミネラルで濁っています。成分に問題はないのでしょうが、やはり透明な水が良いものです。 氷河から融けて南極ブナの森の土を通過する事で、水が濾過される事から違い...
サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”... “逆さフィッツロイ”の良いポイントをトレス湖以外に見つけたのは、今年の嬉しい収穫。 もっと広く“逆さフィッツロイ”を撮れる場所もあるようだが、国立公園の特別な許可が必要らしい...
果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...
「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞... 海外の写真コンテスト「The EPSON International Pano Awards 2017」で、代表・松井の写真が『Special Awards』に入賞しました。 この写真は、パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓で撮影した夕焼けです。暴風の吹き荒れるパタゴニアに訪れた奇跡のような一...
パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景... ナンキョクブナの紅葉:パタゴニアの秋 パタゴニアの秋は、南極ブナが紅葉して紅く彩られます。 森のほとんどの木は南極ブナで成り立ちますので、フィッツロイ周辺は見事に紅く染まるのです。 パタゴニアの森の大半を構成する「南極ブナ」は、3種類に分かれます。 秋に落葉する2種の南極ブナ、レンガ...

パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥

    2015.10.17
  2. 日本人が貢献した「チリ・サーモン」の歴史③

    2014.12.30
  3. ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物

    2015.09.04
  4. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘

    2014.01.17
  5. フィッツロイ北面を望むロッジ:コンドル湖畔にて③

    2015.04.25
  6. フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)

    2017.10.20
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP