Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)

パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力

天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。

パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。

山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ全てが、このフィッツロイ峰に魅了されて移住をしてきた人々です。

草原の一本道を進み、チャルテン村に近づくほどに迫力はさらに増してきます。車を止めて写真を撮りますが、何度止めても切りが無く、さらに山はどんどん大きくなっていく。
チャルテン村周辺で望むフィッツロイ峰は、奇跡的なほどに完璧なアングルです。

そうしてチャルテン村から山麓へ、徒歩でさらにフィッツロイ峰の懐に入っていきます。
見上げるほどに近づくと、フィッツロイとは自然が作り出した神殿、あるいは伽藍と呼ぶべき存在なのだと理解できてしまいます。

原初的な畏れと感動が同居する感情は、人類がまだ猿だった時代に遡る「宗教」の発端のような感情だったのか。

霊長類学者ジェーン・グドールの著作「森の旅人」を読んでいて、フィッツロイに感じる感情の正体にはたと気づかされました。

関連ページ

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②... 「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。 数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。 チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。 コンドル湖からさらに北へ40分ほど...
「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲... かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。 晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくこ...
パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験... 天候が激しく変化するフィッツロイでは、天気予報が当てにならないと思われていますが、実際にはとても精度の良い予報があります。この予報に、地元の山岳ガイドの経験を合わせれば、時間単位で予想して出発も可能となります。 たとえば午前中は雪雲に覆われていた山麓も、午後には一気に快晴に変わり、積もった雪さ...
秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
《エクスペディション》パタゴニア南部氷原①... グリーンランドに次ぐ規模の巨大な氷、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)をテント泊で歩き、フィッツロイ・セロトーレ山群を一周する夢のようなトレッキング・ルートがあります。 アルゼンチン・パタゴニアの基点チャルテン村から、約1週間かけて、フィッツロイの裏側にそびえる厚い大陸氷床に上がり、氷河の源、そし...
マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。 大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。 フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。 強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹い...

ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証

アンデス屈指の山岳展望:ペルー・ブランカ山群を巡る3つのプラン

パタゴニア

関連記事

  1. セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤

    2014.09.25
  2. 「嵐の大地」エリック・シプトンのパタゴニア探検

    2016.03.16
  3. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  4. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  5. パタゴニア・パイネ国立公園の野鳥:渓流を泳ぐカモ

    2015.09.23
  6. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP