Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰の奇跡のような美しさ(パタゴニア)

パタゴニア・フィッツロイ峰の神美的な魅力

天を突くような針峰群が草原の彼方に現れると、何度訪れてもその存在感に圧倒されてしまう。

パタゴニアのフィッツロイ峰は、その類まれな容姿で、半ば神格化されるほどに美しい山です。

山麓にチャルテン村が建設されてまだ約30年ほどですが、村人のほぼ全てが、このフィッツロイ峰に魅了されて移住をしてきた人々です。

草原の一本道を進み、チャルテン村に近づくほどに迫力はさらに増してきます。車を止めて写真を撮りますが、何度止めても切りが無く、さらに山はどんどん大きくなっていく。
チャルテン村周辺で望むフィッツロイ峰は、奇跡的なほどに完璧なアングルです。

そうしてチャルテン村から山麓へ、徒歩でさらにフィッツロイ峰の懐に入っていきます。
見上げるほどに近づくと、フィッツロイとは自然が作り出した神殿、あるいは伽藍と呼ぶべき存在なのだと理解できてしまいます。

原初的な畏れと感動が同居する感情は、人類がまだ猿だった時代に遡る「宗教」の発端のような感情だったのか。

霊長類学者ジェーン・グドールの著作「森の旅人」を読んでいて、フィッツロイに感じる感情の正体にはたと気づかされました。

関連ページ

【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”... “逆さフィッツロイ”の良いポイントをトレス湖以外に見つけたのは、今年の嬉しい収穫。 もっと広く“逆さフィッツロイ”を撮れる場所もあるようだが、国立公園の特別な許可が必要らしい...
海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは... 過酷な環境に柔軟に対応する「ダッフルバッグ」 防水で耐久性のある「ダッフルバッグ」は、海外トレッキングや秘境地域で大きく活躍します。パタゴニア、ペルーやボリビアのアンデス山脈、ギアナ高地やレンソイス砂漠など、あらゆるアウトドア・シーンで必要な基本装備です。 ポーターやロバ(リャマ)が運ぶ...
湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア... フィッツロイ山特の南極ブナが紅葉に染まる秋は、南半球のパタゴニアでは4月にあたります。 気温も徐々に下がり始め、朝晩の冷え込みも一層厳しくなってきます。 雪やみぞれが降るたびに、紅葉の色づきも増していきます。 そんな秋、快晴・無風という、パタゴニアでは珍しい好天の日に、山麓の湖沼も...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...
パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ... 行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。 音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。 夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。 風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く...

ペルー・インカトレイル:2018年のトレッキング入山許可証

アンデス屈指の山岳展望:ペルー・ブランカ山群を巡る3つのプラン

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

    2015.10.30
  2. 劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

    2014.04.15
  3. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
  4. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
  5. パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

    2016.03.29
  6. ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物

    2015.09.04
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP