Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン

1.jpg
パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。
トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。
要所でじっくり腰を据えながら、どの場所で撮影するか、その現場での細かいご案内を添乗員(ツアーリーダー)と現地ガイドが行う撮影旅行では、少人数(1~6名)による貸し切りであることも重要です。
撮影自体は皆様ご自身のセンスで行いたいでしょうが、その細かい場所には、弊社代表・松井がご案内します。
早朝の夜明けの撮影から、夕刻、そして深夜の星空撮影まで、とことんお付き合いします。
じっくり撮影をするためには、トレッキング重視の日程ではなく、「撮影専門の日程」を作ることで、より充実した撮影旅行となるはずです。
そして、参加者のトレッキングの体力・経験、撮りたい写真に合わせて、どのような内容にするか。プランニングの段階から、弊社で細かくご要望を聞き、丁寧に撮影旅行を企画します。
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

関連ページ

パタゴニアの名峰・フィッツロイでキャンプをお勧めする理由... フィッツロイ峰でキャンプをお勧めする理由 フィッツロイ峰を目にすると、感動して涙を流す人がいる。 このことが決して大げさでないことは、フィッツロイの目の前に立てばすぐに分かるでしょう。 フィッツロイ峰のハイキングでは、直下のトレス湖を目指して、約8時間のハードなハイキングがちょっとした...
パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力... 神秘の岩峰:フィッツロイ峰&セロトーレ峰 魔力のように人を惹きつける山は、本当に世界に存在するのだろうか。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ峰とセロトーレ峰は、訪れる人を虜にするような魔力を秘めた、世界でも数少ない山の一つです。天を突くようなピラミダルな山容は、どのように形成された...
秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①... パタゴニアで最も美しい季節は、きっと秋の紅葉だと思う。 南極ブナが紅く染まる。 日本や極北の秋のように、一瞬でピークを越えるというわけではない。 パタゴニアの紅葉は、時間をかけてゆっくりと色づくのが大きな違いだ。 降雪と融雪を繰り替えす度に、秋と紅葉は一段と濃くなっていく。 ...
パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台... パイネ国立公園の絶景の展望台:ペオエ湖畔 パタゴニアのパイネ国立公園の山々を、ペオエ湖畔で望む。 ペオエ湖畔の良さは、パイネ山群の全景を望むことができることです。 左から、グランデ峰、クエルノ峰、アルミランテ・ニエト峰。 クエルノ峰の右後ろに、トーレス・デル・パイネ峰の先端が顔を出し...
パタゴニア南部氷原の燃えるような夕日... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)で迎える長く美しい夕日 緯度の高いパタゴニアでは、夕方が長い。太陽の光線が少しずつ斜めになり、山の陰影が浮き立ち始める。昼間とは違う美しさが現れる。 真夏で真っ暗になるのは、23時過ぎだろうか 緯度の低い熱帯の夕方は、逆に一瞬に燃えるように赤くなり、一気に...
地平線まで白い大氷原に辿り着く パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 大陸氷床に上がると、世界は実にシンプルとなる “見る”と“聴く”という感覚も極端に単調となり、ある意味では研ぎ澄まされると思う 見ると言っても、大氷原にある色は白と青がほとんどで、 聴くと言っても、足音と風の音だけが聴こえる とても美しい所だが、苛烈なの...

パイネ国立公園:トレッキングと撮影、どちらを中心にするか

アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの花・ワイルドフラワー①:最も愛される花「カラファテ」

    2018.06.14
  2. パタゴニアの名峰・フィッツロイを展望する3つの方法(チャルテン村)

    2017.05.20
  3. パタゴニアのキノコ②:南極ブナの大きなコブの秘密

    2015.09.11
  4. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  5. 《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット

    2012.07.20
  6. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場①

    2015.10.10
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP