Loading

PHOTO-BLOG

“天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

FOTOGRAFÍA (68).jpg
雨季のウユニ塩湖のベスト・シーズンは、12月下旬~3月までです。まだ8月ですが、すでにウユニ塩湖の「塩のホテル」は、満室の日も続出しています。ラパスからの国内線も一日1便だけの小型機が就航しているだけですので、国内線の確保も早ければ早いほど良いです。
天空の鏡とも形容されるウユニ塩湖。4WDで疾走するときには、まるで空を飛んでいるかのようです。
泣けるような夕焼を見て、満点の星空を見て、一生に幾度と経験できない貴重な感動を味わえるでしょう。
雨季に宿泊できる「塩のホテル」は3軒のみですので、ご検討の方は、少しでも早い予約をお勧めします。
FOTOGRAFÍA (73).jpg
Salar de Uyuni con agua.jpg
FOTOGRAFÍA (66).jpg
DSCN0580.JPG
「塩のホテル」は、家具もベッドも塩でできています。
IMG_9892.jpg

関連ページ

雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」、残室わずかです。... 雨季・ウユニ塩湖は、“天空の鏡”と言われるほど美しい景観で有名です。 このウユニ塩湖をさらに体験するには、「塩のホテル」に宿泊するのがベストです。ウユニ塩湖の畔にある「塩のホテル」は3軒のみですので、雨季のハイシーズンは、とても混んでいます。 すでに年末年始は、完全に満室です。 そして、4月まで満...
乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景... 乾季ボリビアのウユニ塩湖へ ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。 乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。 サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標...
ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)... ウユニ塩湖でキャンピングカーに宿泊 日本でも各地で流行り始めた豪華キャンプ「グランピング」は、南米各地では一足先に定着しています。 欧米人の要望に応じて発展したサービスなので、想像以上に豪華で大人なクオリティです。 ボリビア・ウユニ塩湖では、デラックス・キャンパーをお勧めしています...
ボリビア・アマゾンの魅力①:「ヤクマ自然保護区にて」... アマゾン川の源流域に位置する、ボリビア・アアゾンのヤクマ自然保護区は、野生動物を観察するのに非常に適した場所です。「野生動物の楽園」と言ってもいいでしょう。 アマゾンといえば、どこでも野生動物を見れるように思われがちですが、実際には野生動物を多く見れる場所はわずかです。各地で開発が続き、野生動物...
数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区... ボリビアの首都ラパスから、国内線で1時間。4,000mのアンデス高地から一気に標高を下げて、アマゾンの源流域へ、機内から見る景色はみるみる変わっていきます。 ヤクマ自然保護区のジャングル・ロッジに宿泊しながら、ボートで野生動物を観察します。 太陽が真上に位置する頃、狭い川の両側には、ワニ...
《山岳写真》ボリビアの首都ラパス:霊峰イリマニ... 霊峰イリマニとボリビアの首都ラパス 首都ラパス(3800m)を見守るように鎮座するイリマニ山は、太陽神インティの象徴として、古くから先住民に信仰の対象として敬われる霊峰です。 市内の展望台からは、市街地の上に屹立するイリマニ山の迫力ある景色を望めます。 単独峰で、どっしりとした存在...

世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

パタゴニア

関連記事

  1. 宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖

    2015.06.21
  2. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  3. ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

    2017.07.17
  4. 「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

    2018.05.03
  5. まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

    2012.08.05
  6. ボリビア・アマゾンの魅力②:アマゾン川クルーズ

    2013.06.26
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP