Loading

PHOTO-BLOG

世界一おいしい羊は、パタゴニア産です

パタゴニア2011_1449.JPG
私は、胸を張ってここに宣言します。
「パタゴニアの羊は世界で一番おいしいです!」
羊独特の匂いが不思議となく、ラムが嫌いな方でも食べることができる。
そんな羊は、パタゴニア産だけでしょう。
パアゴニアだけに生息する“コイロン”を好んで食べることから、絶妙なお肉が生まれるようです。
この羊肉を豪快に丸焼きにして食べます。
至福の時間。
お代わり自由ですが、アルゼンチン人の平均よりも食べることができないほど、日本人の胃は小さい。
私はそれでも食べ過ぎて、ぐったりするまで食べます。
なぜならば、美味しいからです
これをアサード、またはパリーシャと言います。

関連ページ

【パタゴニア】旅する気分を感じるために... 途方もない大きな自然を前に、途方にくれる。思うようにいかない。 とんでもない風が吹く。掘立小屋で足止めを食らったりする。 でも、なんだか笑ってしまう。 その途方に暮れた経験はずっと忘れずに、きっと人生の財産になる。 だから、私は旅先で途方に暮れるのが好きです。 今この日本という管理社会の小さな島が...
パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落... 急激に後退するフィッツロイ山麓のビエドマ氷河 パタゴニアの氷河といえば、巨大な氷壁が崩れる壮大な景観が有名です。 フィッツロイ峰の山麓チャルテン村の近くにあるビエドマ氷河は、ペリトモレノ氷河のように末端部の氷壁が高さ50~60m、幅は5kmに及ぶ「ビエドマ氷河」は、ペリトモレノ氷河に次い...
パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」... パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。 何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。 アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。 パタゴニアに自生するコイロンという草...
フィッツロイ峰が紅葉に染まる:秋のパタゴニア(エル・チャルテン村)... パタゴニアのフィッツロイ山麓の紅葉 春夏秋冬がはっきりと分かれるパタゴニアでは、季節の移ろいもまたはっきりと、鮮やかに変わります。 厳しい冬を前にして、秋は深まり人気も減るなかで、フィッツロイ山麓の紅葉もまた静かにピークを迎えます。 初秋の南極ブナの森は橙色に色づき、秋の深まりとともに...
パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー... キク科のマルガリータは、春に花畑を形成するほどに群落で花咲く。 12月が見頃の季節だ。 パイネ国立公園のラストーレス山麓を歩いている時に、草原にマルガリータが咲き乱れていた。 1月末に、チリからアルゼンチンへ国境越えをした時には、草原が一面マルガリータに覆われていた。既に花が散り始めていた...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...

もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

“天空の鏡”雨季のウユニ塩湖

パタゴニア

関連記事

  1. 冬のパタゴニア:スノーシュー・ハイキング

    2014.05.10
  2. パタゴニア・パイネ国立公園:ペオエ湖畔の展望台

    2016.11.27
  3. 新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

    2019.05.14
  4. 秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

    2017.09.17
  5. パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②

    2014.09.07
  6. 「パタゴニア大陸氷床トレッキング」

    2013.01.27
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP