Loading

PHOTO-BLOG

ジェンツーペンギンの雛鳥の生死/南極・クーバービル島

クーバービル島にて-探検船で行く南極クルーズ-

ペンギンのルッカリー(集団営巣地)に、ひときわ騒がしい鳴き声が聞こえて来た。
その方向を見ていると、ペンギンの雛鳥の群れが、押し合いへし合いしながら一目散に駆けて来る。
数十羽の雛鳥が一斉に鳴き声を上げながらやって来たのは、きっと親鳥を探すためだろう。

親鳥と出会える雛鳥もいれば、いつまでも見つからない雛鳥もいる。
親を間違えてしまう雛鳥もいるのだが、大人の鳥は冷たく追い払っていた。
こうして親鳥と再会できずに息絶える雛鳥もたくさんいるようだ。
ルッカリーのあちこちで活気良く動くペンギンの脇には、やはりあちこちに雛鳥の骸もまた目につく。

雛鳥を狙うカモメ(オオトウゾクカモメ)もまた彼らの天敵だ。
雛鳥と言えども成鳥に近い大きさに育っているので、カモメとほぼ同じ大きさであるが、隙を見つけてはカモメは雛鳥に攻撃をしかける。
あわやカモメにさらわれそうになっていると、親鳥が目を吊り上げて、カモメに反撃をしていた。
親ペンギンの表情からは明らかに怒りが見えたので、鳥にも表情があることを発見してしまった。

このようにルッカリーは混沌そのもので、自然本来が備える無慈悲と豊穣が同居する天国であり地獄でもあるようだ。
昼寝をするペンギンの横では、カモメに襲われている雛鳥もいるわけだが、全く気にする素振りも見せない。
おそらく毎日が大騒動なのだろうが、ペンギン全体にとっては平和そのもので、クールビル島はジェンツーペンギンの楽園であった。

関連ページ

青い氷の回廊とアザラシのイビキ/南極クルーズ・クーバービル島にて... クーバービル島にて-探検船で行く南極クルーズ- アザラシの楽園となっている氷塊の間をさらに進むと、氷塊の量もさらに増えて、ゾディアックボートは不思議な空間へと入っていく。 背の高い氷塊はまるで柱のようで、その氷柱は10mほども聳えていたりする。 近くの氷河から崩れ落ち流されてきたであろう氷...
丘の上から望む南極の絶景と、雪の華“氷雪藻”... ダンコ島の標高300mほどの山頂に登ると、南極大陸の氷河と海が織りなす絶景が広がっていた。 山頂部にもやはり多くのペンギンがいる。 小さななペンギンがこの山頂にたどり着くには、いったい何時間歩いて来たのだろうか。 大変な苦労をしてペンギンが山頂を目指す理由は不明そのものだ。 一つ...
ルメール海峡を抜けて:氷塊の楽園に遊ぶアザラシ... ルメール海峡を抜けて、この船旅の最も南、南極側に到着した。 このポート・シャルコーが折り返し地点だ。 ポートシャルコーの湾には、青い氷がぎっしりと浮かんでいた。 曇天の鈍い空の下で、氷はなぜこれほど青いのだろうか。 空の青を溜め込んだように、今は青い光を外に放っているかのようだ。 ...
南極トレッキング:ダンコ島の山頂から望む絶景とペンギン... ダンコ島の展望台から、南極の絶景を一望する ネコハーバーでキャンプした翌朝は、厚い雲に覆われて完全に曇りであった。 低く下がってきた雲から一日の天候を示唆されているようであったが杞憂に過ぎなかった。 朝6時にはキャンプを撤収して、クルーズ船に戻ると、ミンククジラが船の横に現れた。 ま...
南極大陸の氷上キャンプ:ペンギンとともに眠る極上体験... 氷上の野営地 -探検船で行く南極クルーズ- 真夏の南極では、キャンプができるほどに気温は高い 高いと言っても、深夜の一番寒い時間帯で、-5℃くらいであっただろうか。 探検船ではキャンプ希望者が多く、キャンセル待ちが40人ほどになる大人気であった。 キャンプの決定は、ギリギリまで決...
南極サウス・シェットランド諸島:ジェンツーペンギンの楽園②... サウスシェットランド諸島にて -探検船で行く南極クルーズ- 南極の最初の一歩として上陸する、サウスシェットランド諸島のリビングストン島では、ジェンツーペンギンが出迎えてくれる。 ペンギンの撮影に一満足した頃に、いよいよゾウアザラシのコロニーを目指し歩き始める。 遠く湾の対岸には、巨大な氷河...

ジェンツーペンギンの楽園にて -南極・クーバービル島にて-

南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 効率的な南極旅行:飛行機と船で行く「フライ&クルーズ」

    2018.10.18
  2. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  3. デセプション島のナンキョクオットセイ/南極サウスシェットランド諸島

    2017.03.10
  4. ヒゲペンギン:南極サウス・シェットランド諸島にて

    2017.03.08
  5. 南極半島の朝焼け:ジェルラッシュ海峡にて -南極クルーズ

    2017.03.13
  6. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP