Loading

PHOTO-BLOG

南極半島の朝焼け:ジェルラッシュ海峡にて -南極クルーズ

ジェルラッシュ海峡にて-探検船で行く南極クルーズ-

南極クルーズのモーニングコールは、チーフ・ガイドによる船内放送だ。
朝6時に、船内放送で、船はいよいよ南極大陸に到着して、ジェルラッシュ海峡を通過していることを告げられた。

慌てて飛び起きて部屋のカーテンを開けると、朝焼けに橙色に染まる山々が目に飛び込んできた。
過ぎ行く景色には、延々と氷河と山が連なる。
イメージ通りの南極的な景色だ。

デッキに出ると夜明けの空気はキリッと冷えていた。氷河から吹き下ろす風の冷たさは、さすが南極だ。
左右どちらにも、どこまでも延々と氷河が連なっていた。
朝焼けに世界が染まる時間帯は、一瞬だけ訪れる陶酔の時間だ。

山々の色は刻々と絶え間なく変化していき、徐々に神秘的な色彩は失われ、陶酔は崩壊してしまう
午前中の上陸地点に近づき、船が速度を緩めると、ミンククジラが現れた。
船の様子を伺うように、クジラ独特のペースで船の周囲をゆっくりと回遊していた。
南極大陸の最初の上陸地は、クーバービル島だ。

関連ページ

南極・ネコハーバーの展望の丘と、ペンギンの営み... ネコハーバーの大展望の丘 -探検船で行く南極クルーズ- 南極のネコハーバーでは、圧倒的な氷河の大展望を堪能できるだけではなく、ペンギンの大営巣地(ルッカリー)も訪問できる。 陸地に覆いかぶさるかのように、まるで生き物のように、氷河は山から海へ、のたうちながら流れ込む。 そのわずかに露出...
南極大陸の氷上キャンプ:ペンギンとともに眠る極上体験... 氷上の野営地 -探検船で行く南極クルーズ- 真夏の南極では、キャンプができるほどに気温は高い 高いと言っても、深夜の一番寒い時間帯で、-5℃くらいであっただろうか。 探検船ではキャンプ希望者が多く、キャンセル待ちが40人ほどになる大人気であった。 キャンプの決定は、ギリギリまで決...
南極トレッキング:ダンコ島の山頂から望む絶景とペンギン... ダンコ島の展望台から、南極の絶景を一望する ネコハーバーでキャンプした翌朝は、厚い雲に覆われて完全に曇りであった。 低く下がってきた雲から一日の天候を示唆されているようであったが杞憂に過ぎなかった。 朝6時にはキャンプを撤収して、クルーズ船に戻ると、ミンククジラが船の横に現れた。 ま...
パラダイスハーバー②:単独航海の冒険家とヨット... パラダイスハーバーを奥へと入り込むと、小さなヨットが停泊していた。 凪いだ水面は鏡のように反射していて、氷河を背にするヨットの光景はあまりにも非現実的で目を疑う。 この小さな船でドレーク海峡を越えてきたのだ。 船内から中年の男性がジャケットのポケットに手を突っ込んだまま、こちらを無関心...
イギリス基地ポート・ロックロイの郵便ポスト... イギリスの基地・ポートロックロイは、静かな湾に守られるようで周囲の海は凪いでいる。 1944年にイギリスの最初の基地として建てられ、南極半島における捕鯨船の前線基地の役目を果たした。 現在では基地は観光スポットとして有名となり、お土産屋がある。 ここにはポストがあり、約1ドルほどでハガ...
南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ... クールビル島にて -探検船で行く南極クルーズ- 氷河から崩れ落ちた氷塊は、南極の海のあちこちに浮いている。 クールビル島の海岸は静かな内湾に面しているので、氷塊が大量に流れ込み、内湾にぎっしり漂っていた。 このような場所は、アザラシにとって格好の休憩場所となるのだろう。 陽が最も高い...

アンディーナトラベル・クラブ 2017-2018 新年度のご案内

ジェンツーペンギンの楽園にて -南極・クーバービル島にて-

パタゴニア

関連記事

  1. 南極トレッキング:ダンコ島の山頂から望む絶景とペンギン

    2017.04.05
  2. 秘境クルーズ特集:ガラパゴス諸島、パタゴニア、アマゾン、南極大陸

    2018.10.29
  3. サウス・シェットランド諸島のジェンツーペンギン -南極クルーズ

    2017.03.03
  4. 南極・ニューマイヤー海峡の漆黒の海と静けさ

    2017.04.11
  5. 南極のアザラシの楽園・クーバービル島/南極クルーズ

    2017.03.18
  6. 南極サウス・シェットランド諸島:ジェンツーペンギンの楽園②

    2017.03.04
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP