Loading

PHOTO-BLOG

南極半島の朝焼け:ジェルラッシュ海峡にて -南極クルーズ

ジェルラッシュ海峡にて-探検船で行く南極クルーズ-

南極クルーズのモーニングコールは、チーフ・ガイドによる船内放送だ。
朝6時に、船内放送で、船はいよいよ南極大陸に到着して、ジェルラッシュ海峡を通過していることを告げられた。

慌てて飛び起きて部屋のカーテンを開けると、朝焼けに橙色に染まる山々が目に飛び込んできた。
過ぎ行く景色には、延々と氷河と山が連なる。
イメージ通りの南極的な景色だ。

デッキに出ると夜明けの空気はキリッと冷えていた。氷河から吹き下ろす風の冷たさは、さすが南極だ。
左右どちらにも、どこまでも延々と氷河が連なっていた。
朝焼けに世界が染まる時間帯は、一瞬だけ訪れる陶酔の時間だ。

山々の色は刻々と絶え間なく変化していき、徐々に神秘的な色彩は失われ、陶酔は崩壊してしまう
午前中の上陸地点に近づき、船が速度を緩めると、ミンククジラが現れた。
船の様子を伺うように、クジラ独特のペースで船の周囲をゆっくりと回遊していた。
南極大陸の最初の上陸地は、クーバービル島だ。

関連ページ

南極サウス・シェットランド諸島:ジェンツーペンギンの楽園②... サウスシェットランド諸島にて -探検船で行く南極クルーズ- 南極の最初の一歩として上陸する、サウスシェットランド諸島のリビングストン島では、ジェンツーペンギンが出迎えてくれる。 ペンギンの撮影に一満足した頃に、いよいよゾウアザラシのコロニーを目指し歩き始める。 遠く湾の対岸には、巨大な氷河...
専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」リニューアル... 専用ページ「探検船で行く南極クルーズ」をリニューアルしました。 探検船ヘブリディーンスカイ号の2017/2018シーズンの料金表も掲載しています。 弊社では、損他の南極クルーズも手配可能ですので、お気軽にお問い合わせください。 南極クルーズのタイプ 南極クルーズの片道を航空便...
ルメール海峡を抜けて:氷塊の楽園に遊ぶアザラシ... ルメール海峡を抜けて、この船旅の最も南、南極側に到着した。 このポート・シャルコーが折り返し地点だ。 ポートシャルコーの湾には、青い氷がぎっしりと浮かんでいた。 曇天の鈍い空の下で、氷はなぜこれほど青いのだろうか。 空の青を溜め込んだように、今は青い光を外に放っているかのようだ。 ...
ジェンツーペンギンの楽園にて -南極・クーバービル島にて-... クーバービル島にて -探検船で行く南極クルーズ- 氷山の間を縫うように、ゾディアックボートはクーバービル島の砂浜に接岸した。 ここからが、いよいよ南極大陸だ。 クーバービル島のジェンツーペンギンのルッカリー(集団営巣地)は、まさに「ペンギンの楽園」と言って良いだろう。 岩が剥き出しに...
氷河に覆われた静寂の湾:パラダイスハーバー... アルミランテ・ブラウン基地から、パラダイス・ハーバーに入り込むと、雰囲気ががらりと硬質に変わった。 周囲をぐるりと氷河に囲まれて、水面は鏡のように凪いでいる。 ゾディアックボートは静かに湾の奥へと進むと、一段と空気が冷えてきたようだ。 厚い雲に覆われた外気は冷たく、海水の表面の温度...
丘の上から望む南極の絶景と、雪の華“氷雪藻”... ダンコ島の標高300mほどの山頂に登ると、南極大陸の氷河と海が織りなす絶景が広がっていた。 山頂部にもやはり多くのペンギンがいる。 小さななペンギンがこの山頂にたどり着くには、いったい何時間歩いて来たのだろうか。 大変な苦労をしてペンギンが山頂を目指す理由は不明そのものだ。 一つ...

アンディーナトラベル・クラブ 2017-2018 新年度のご案内

ジェンツーペンギンの楽園にて -南極・クーバービル島にて-

関連記事

  1. 南極ゾウアザラシのハーレム:サウス・シェットランド諸島にて

    2017.03.07
  2. 南極大陸の氷上キャンプ:ペンギンとともに眠る極上体験

    2017.04.03
  3. 丘の上から望む南極の絶景と、雪の華“氷雪藻”

    2017.04.07
  4. 南極・ニューマイヤー海峡の漆黒の海と静けさ

    2017.04.11
  5. 効率的な南極旅行:飛行機と船で行く「フライ&クルーズ」

    2018.10.18
  6. デセプション島のナンキョクオットセイ/南極サウスシェットランド諸島

    2017.03.10
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP