Loading

風景写真家・松井章のブログ

南極半島の朝焼け:ジェルラッシュ海峡にて -南極クルーズ

ジェルラッシュ海峡にて-探検船で行く南極クルーズ-

南極クルーズのモーニングコールは、チーフ・ガイドによる船内放送だ。
朝6時に、船内放送で、船はいよいよ南極大陸に到着して、ジェルラッシュ海峡を通過していることを告げられた。

慌てて飛び起きて部屋のカーテンを開けると、朝焼けに橙色に染まる山々が目に飛び込んできた。
過ぎ行く景色には、延々と氷河と山が連なる。
イメージ通りの南極的な景色だ。

デッキに出ると夜明けの空気はキリッと冷えていた。氷河から吹き下ろす風の冷たさは、さすが南極だ。
左右どちらにも、どこまでも延々と氷河が連なっていた。
朝焼けに世界が染まる時間帯は、一瞬だけ訪れる陶酔の時間だ。

山々の色は刻々と絶え間なく変化していき、徐々に神秘的な色彩は失われ、陶酔は崩壊してしまう
午前中の上陸地点に近づき、船が速度を緩めると、ミンククジラが現れた。
船の様子を伺うように、クジラ独特のペースで船の周囲をゆっくりと回遊していた。
南極大陸の最初の上陸地は、クーバービル島だ。

アンディーナトラベル・クラブ 2017-2018 新年度のご案内

ジェンツーペンギンの楽園にて -南極・クーバービル島にて-

関連記事

  1. 【動画】南極クルーズ①:サウスシェットランド諸島

    2021.12.22
  2. 中南米「新型コロナウィルス」の対策・状況の最新情報2/28

    2020.02.28
  3. アルミランテ・ブラウン基地に迫る氷河:パラダイスハーバー

    2017.04.23
  4. 南極の野生動物:ジェンツーペンギンの生息数とオキアミ

    2021.07.07
  5. 氷河に覆われた静寂の湾:パラダイスハーバー

    2017.04.28
  6. ワタリアホウドリ:南極ドレーク海峡を彷徨う巨鳥

    2024.03.02
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP