Loading

風景写真家・松井章のブログ

南極大陸に着いた日:朝日とクジラ

ドレーク海峡を越えて、南極大陸で迎える朝日


南極大陸に到着して初めてその姿を見たのは、日の出の時間でした。
南米最南端のウシュアイアを出航して、ドレーク海峡の荒れた海を越え、丸3日間もかけた航海です。

夜明けに響く艦内放送は、船が南極大陸に到着したことを教えてくれました。

部屋の丸い窓から外を覗くと、延々と続く氷の大地が、ちょうど夜明けの光に照らされています。
パタゴニアでいえば、ペリトモレノ氷河が地平線まで延々と続くような、途方も無い氷の規模です。

氷の山々は、どこまでも金色に輝いています。
それはわずか20~30分ほどだけ続く劇的な瞬間です。

慌ててカメラを持って甲板に出ると、同じように艦内放送で起こされた乗客が、朝日に輝く南極大陸に溜息をつくように見とれていました。

ほとんど風もなく、南極は静けさに包まれています。

しばらく朝日に見とれている間も、船は陸地に接近して行きます。
再び艦内放送があり、クジラが船に並走していると知らせています。

しばらく甲板の乗客たちとクジラ探しをしていると、船の近くで泳ぐクジラの背中を見つけました。

背中しか見せてくれませんでしたが、潮を吹く瞬間の大きなクジラの息遣いは、いつまでも忘れないでしょう。

南極大陸に到着した日の朝日は、一生忘れないほどのインパクトでした。

【YouTube】南極クルーズ① “野生動物の楽園”サウスシェットランド諸島

【YouTube】南極クルーズ②南極大陸に上陸/氷河とペンギンの絶景

関連ページ

南極の絶景:パラダイス湾(アルミランテ・ブラウン基地)
南極大陸に着いた日:朝日とクジラ
ワタリアホウドリ:南極ドレーク海峡を彷徨う巨鳥
南極の月夜を望む絶景キャンプ
南極の野生動物:ジェンツーペンギンの生息数とオキアミ
南極半島の野生動物:ウェッデルアザラシの昼寝
南極の氷海に浮かぶ氷の神秘
「南極大陸」躍動する生命②:アザラシの楽園
南極に輝く生命:サウスシェットランド諸島のゾウアザラシ
「南極大陸」氷の国に躍動する生命①:ジェンツーペンギン

ワタリアホウドリ:南極ドレーク海峡を彷徨う巨鳥

南極の絶景:パラダイス湾(アルミランテ・ブラウン基地)

関連記事

  1. ボリビア日系人の皆様と昼食会

    2024.02.05
  2. 「ボリビア写真展」の会場:セルバンテス東京とは?

    2023.08.03
  3. 南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

    2017.12.23
  4. 山岳写真の朝日・夕日撮影のコツ/ペルー・ワスカラン国立公園(ワラス)

    2019.08.21
  5. アートフォト・ギャラリー「1x」選出作品:フィッツロイと小さな村

    2023.04.27
  6. お勧めのラテン映画「家へ帰ろう」/アルゼンチン・スペイン合作

    2019.02.27
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP